税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久石堂 雄太伊藤 将英上野 しのぶ金田 好正加納 豊彦
菰田 栄二佐藤 忠輝高井 亮成千葉 雅司野曽木 尊之橋本 崇浩山本 英司

「招客招福の法則2」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
菰田 栄二
 

 今回ご紹介させて頂きます書籍は、「商いの真髄がつかめる 88の話」とありますように、商いにたずさわっている方々のエピソードが凝縮された書籍です。

 この書籍を読んで思ったことがあります。一つ一つの商品(サービス)を提供し、またお店に来ていただけるか、と考えたとき、商売人の思いと行動でその後の環境がまったく変わってくるのだということです。環境とは、そのお店の売り上げであったり、お客さんとの信頼関係であったりだと思うのですが、この書籍の 88の話をじっくり読んでみたとき、決して難しいことをやっているわけではないのですが、なかなか日々真剣に考えていないとできない事だとも思いました。

 著者もこの本の「おわりに」の箇所で、「小手先の技や昨日今日ちょっと何かを試したくらいでつかめるものではない。しかし、やるべきことを地道にやれば、だれでもつかむことができる。」と述べています。

 以下に私が感銘を受けた法則の中から一つだけご紹介させて頂きます。

法則 145 「いい店」は細かな評価の積算

 この法則は、著者が公演で訪れた先の旅館がとても良かったということを述べています。入った瞬間から居心地のよさを感じ、滞在中も裏切られることはなかったとの事でした。   

 著者が良かったと感じたのは何が決め手だったのだろうかと考えたとき、部屋からの眺望、大浴場に流れるBGM、部屋に置かれた芳香、仲居さんが明るく目を見て挨拶してくれる所等一つ一つは決定的ではないが、すべての要素を総合的に判断して、いい旅館だと感じたと述べています。

 お店も同じ事で、デザインやインテリアに気を使うのも必要だが、たくさんの細かな点を気にしなくてはならない。ドアのデザインや証明の具合、お客さんがテーブルに着いたときに視界に入るもの、POPやメニューの字体など。その他、BGMが店の雰囲気に合っているか、音量は適度か。 お客さんが「いい店」と感じるのは、細かな良いと思う箇所のポイントの積算である と述べています。皆様の中にも同じように感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 88ある法則の中の一つのみのご紹介となって大変申し訳ありませんが、法則一つ一つに書かれていることは、全く的外れなことではなく、かつ余分な時間がかかるような事ではないように思います。今すぐにでもご活用できるものもあるかもしれませんので、是非ご参考頂ければと考えております。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.