税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久石堂 雄太伊藤 将英上野 しのぶ金田 好正加納 豊彦
菰田 栄二佐藤 忠輝高井 亮成千葉 雅司野曽木 尊之橋本 崇浩山本 英司

「招客招福の法則2」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
佐藤 忠輝
 

 この書を読んで感じたことは、「商い」は本当に「厭 ( あき ) がない」と感じました。「二升五合 春夏冬」と洒落た言葉があるように、商人は工夫次第で売上も、感動も上げることが出来る。

 最近、景気のいい話がなかなか聞くことが出来なくなりましたが、著書にもある通り、

 「商売の本質とは決して金儲けではなく、かといってお金儲けともまったく矛盾しない。
そんな商売の現場でこそ、商人は出会う、この商売をやっていて良かったと、心から思える瞬間、商売が、最も輝き、やりがいを生みだす瞬間に。
そしてその瞬間にいつもあるものこそが、商売が長い年月にわたり、商人に儲けを生みだし続けてきた、招客招福の法則なのである。」

 クリーニング店でDVDを売るというエピソードが本文にあります。そこで、

 「 お客さんが買いに来たものを売る 」方法と「 お客さんをほしい気持ちにさせて売る 」方法がある。後者が出来る商人はどんなものでも売れるとあります。

 私は100円ショップがこれに当たると思います。本当はボールペンを買いに来たのに、他の物もほしくなり、100円ですむはずが600円になってしまいます。また、コンビニもそうです。本当は弁当を買いにきたはずなのに、隣に新しい飲み物等があると、つい買ってしまいます。

 コンビニには心理的に購買意欲が増す陳列方法があると聞きますが、私はまんまとコンビニの戦略 ( 策略? ) にはまってます。

 経営難に陥っていた老舗旅館がおもてなし ( サービス ) の向上によって V 字回復をした時のエピソードでは、「 サービスの何を見直したか、おぼえていないほどすべてを見直した。しかし特別な仕掛けはしていない。 」設備が古く、内外装を改装しようにも資金がない。だから売上が落ちていくという悪循環。飲食店でもよく耳にする話です。資金需要のある大手と同じ土俵で勝負をしても勝てません。自分なりの自社なりの方法でハード部分ではなくソフト部分で勝負をしたという中小企業の参考となる、もっとも代表的なエピソードかと思います。

 この著書には上記以外にもたくさんのエピソードが事例のようにありますので、皆様のビジネスチャンスのお役立てに少しでもなればと思います。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.