税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久石堂 雄太伊藤 将英上野 しのぶ金田 好正加納 豊彦
菰田 栄二佐藤 忠輝高井 亮成千葉 雅司野曽木 尊之橋本 崇浩山本 英司

「老舗の品格」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
石堂 雄太
 

 今日、食に関する様々な偽装事件が世間を騒がせている。そんな世の老舗たる企業の品格が損なわれている今だからこそ著者である中見利男氏はこのような書物を世に出し、もう一度企業の品格について考えるべきだと語られている。

 中見利男氏は作家、ジャーナリストであり、該博な知識と取材力から小説、ドキュメンタリー、評論、解説書などを数多く手がける方である。企業の在り方や時代の流れに伴うその変化を自らの経験を活かし第三者として捉えたもの、それがこの書物である「老舗の品格」である。

 一般に老舗というと古くからある店舗やその店舗を足掛かりとして業績を伸ばし法人化して企業になった所や、経営者が何代にも渡って交代しながら経営を続けているなど、または着実な発展の元で世代を超えて存続していることをいう。定義の一つとしては、創業30年以上事業を行っている企業となっているが、 IT 企業など比較的新しく企業の勃興が激しい業界や市場では5年ないしは10年程度で老舗扱いされることもある。

 そういった老舗が今品格を失いつつあるのだという。その例として船場吉兆の偽装事件である。謝罪会見では女将がボソボソとささやきそれをそのまま息子に喋らせた会見となり騒がれ、その女将が新社長となった。ささやいた件について問われると息子の意思で話をさせなかった自分の親馬鹿加減を謝ると思いきや、マイクが精巧なので失敗しましたと言う発言に皆さんはどのように感じただろうか。こういった者が新社長になるという事に対し疑問視する方も少なくなかったのではなかろうか。

 こういった老舗の品格が損なわれているというのは社長自身の品格そのものが損なわれているのではないかということになる。

 また企業の品格とは社長の品格だけではなく我々従業員の品格もあってこそ、企業の品格であるということではないだろうか。したがって従業員一人一人が品格について考えていくべきものであるため、私自身が品格ある人間なのかどうか、そして第三者からみて品格ある人間として見られているのかどうかを考えてみた。人の品格とは見た目、仕草、立ち振る舞い、言動等の総合的評価でみるものであることから、細分化していき自分自身を見直し改善していく事が必要である。しかし自分自身の品格は自分自身が評価するものではないため、周りにいる方々が感じている私自身の品格を知る必要がある。その私自身の品格という総合的評価を知る手段として色々な方法があるが、周りは自分を映しだす鏡であると言われているように周りの方々の表情や言葉などの対応から少しでも感じとり、改善していくことで人間としての品格を身に付けていきたい。その人の品格こそが企業としての品格であり、品格こそが信用力に直結していくということを意識しながら、人として、そしてビジネスマンとして成長をし続けていきたい。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.