税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久石堂 雄太伊藤 将英上野 しのぶ金田 好正加納 豊彦
菰田 栄二佐藤 忠輝高井 亮成千葉 雅司野曽木 尊之橋本 崇浩山本 英司

「老舗の品格」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
上野 しのぶ
 

 今回は、中見利男著書の「老舗の品格」をご紹介致します。昨今、「〜の品格」と題した書物が数多く出版され話題となっています。 2005 年に出版された藤原正彦著書の「国家の品格」にはじまり、坂東眞理子著書の「女性の品格」、そしてテレビドラマで放送された「ハケンの品格」などなど。今回の書籍は、経営者(あきんど)の品格に焦点を当てたものになります。

 「品格」とは、いったいどういう意味なのでしょうか。辞書をひらきますと「品格」とは、その物から感じられるおごそかさ、見る人が自然に尊敬したくなるような気高さ(=品位)と書かれています。経営者としてのおごそかさ、気高さとは?具体的な秘策があるわけではありませんので、私自身、明確な答えを見つけることが出来ませんでした。そんな時は、 日本の名創業者の名言に触れて、「品格」の足がかりを見てみようということで、今回 の書籍では、 パナソニック、ソニー、ホンダ、トヨタ、リッカーミシン、近江兄弟社ほか、様々な企業の老舗創業者が語った経営の真髄が沢山掲載されています。その中で、一番胸に残ったリッカーミシンの創業者、平木信二氏の従業員に向けたスピーチをご紹介致します。

 「私はミシンが作れません。皆のほうがミシンを作らせたら上手です。また私はミシンを君らより多く売ることができません。ミシンを売らしたら君らのほうが私よりも上です。あるいは経理にしても、掃除をやらせても同じでしょう。君らと勝負したら負けることばかりです。では、なぜ私がここにおるのか。なぜ、こうして君らの前でエラそうにものを言っておるのかと言えば、それは社長をやらせたら私がナンバー・ワンだからです。私が社長をやっている間は君らを路頭に迷わせるようなことはせぇへん!それだけは自信があります」

 昨今、岐阜県の食肉卸小売業「丸明」が、要件を満たさない牛肉を「飛騨牛」と表示した疑いがあると報道されました。その報道後、一時的に品名ラベルを「飛騨牛」から「赤身焼肉」と変えて店頭に並べていたことが明るみになりました。同社社長が記者会見にて、従業員がラベルを貼り間違えたか偽装したと説明、新聞、報道を見る限りでは、従業員に罪をなすりつけていた社長が滑稽に思えました。責任の所在をガヤガヤと言うのではなく、まずこの偽装疑惑が事実なのかどうか、実際に牛肉を購入するお客様に誠心誠意報告すべきではないでしょうか。

 今こそ、会社創業時の思いを見つめなおすべきなのかもしれません。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.