税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久石堂 雄太伊藤 将英金田 好正加納 豊彦菰田 栄二
佐藤 忠輝高井 亮成千葉 雅司野曽木 尊之橋本 崇浩山本 英司

「トヨタ流『視える化』成功ノート」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
新井 大慶
 

 本書は、カルマン(株)社長若松義人氏の著書で、若松氏はトヨタ自動車工業入社後様々な部門でトヨタ自動車の元副社長であり、トヨタ生産方式を確立させた大野耐一氏のもと「トヨタ生産方式」の実践、改善、普及に務めてこられた方です。その若松氏が実践、改善、普及に携った様々なトヨタ流「視える化」の手段・手法、そしてその見えた問題を解決するための方法が詳しく紹介されています。

 簡単にトヨタ流「視える化」をご紹介しますと、トヨタ流「視える化」には大きく2つの意味があります。それは、
(1)見えにくいものを一見してわかるようにすること。
(2)隠されがちな問題をみんなの見えるところに出すことです。

(1)の具体例としては仕事のスキルなどを挙げています。一人ひとりの見えにくい能力を「星取表」などで、正確に表す。すると、「できる人」が必ずしもすべての能力があるわけでもなく、そこを補えばさらに伸びることとなり。逆に「できない人」が意外なところで優れたスキルを持っていることがわかり、その能力が活かせていなかったことがわかる。(2)については、何も起きない企業や人はないと言ってもいい。「問題がない」としたら、隠しているだけと考えた方が良いと述べ、そして、その問題をトヨタ流の 2つのルール((1)責任追及より原因究明を優先する。(2)必ず改善をする。)で解決する仕組みをつくりあげてきました。小さな問題も決しておろそかにせず、一つずつ解決する。それこそが人を育て、企業の成長力を高めるのだと本書で述べています。このトヨタ「視える化」の実践を本書での具体例で読み、トヨタでは「見つける」「気づく」だけでは意味がなく、改善して初めて意味があるとの考え方から「見える」ではなく、「視える」なのかと実感しました。一つひとつの具体例をとってみて、何一つ中途半端なことはなく、改善案を出したならば、その改善案が本当に現場の為、お客様の為になるのかを考え、そしてこれが机上の空論にならないため、又は本当に効果があがっているかを確認するため、必ず現場にでて、改善が成ったかどうかを確認する。また、問題点なども報告書等で挙がってきたものに目を通すだけでなく、必ず現場で確認・聞き取りをする。など生の声を聞いて、ありきたりや、その場しのぎの改善案ではなく、その現場ごとの一番良いと思われる改善案を現場の人間と一緒に考え、実践をする徹底さに感銘を受けました。当たり前のようで、言葉にするのは簡単ですが、面倒臭かったり、どれほどの効果があるのかわからず、3日坊主になったりして、改善案を出しっ放しで、棚上げしてしまうケースはよくあると思います。それをさせない為に、現場の人間に改善をする必要を熱心に伝え、その効果を肌で感じさせる。すると現場の人間が進んで更なる改善案を発見、実践をする。このような真剣に改善、変化をしたいという思いが、徹底した行動となり、結果として大きな変化、改革をもたらすものだと実感をしました。

 本当に内容が濃く、具体例を頻繁に挙げて説明をしておりますので、とても読みやすく引き込まれてしまいます。一読の価値ありです。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.