税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久石堂 雄太伊藤 将英金田 好正加納 豊彦菰田 栄二
佐藤 忠輝高井 亮成千葉 雅司野曽木 尊之橋本 崇浩山本 英司

「トヨタ流『視える化』成功ノート」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
加納 豊彦
 

 トヨタ自動車と言えば、誰もが知っている日本の自動車製造メーカーですよね。現在は世界一の販売台数を誇ると言われていますが、そんなトヨタも一昔前では世界一など遠く及ばない位置にいたものでした。そこからあることを実践して世界一へと上り詰めたのですが、それこそが「視える化」であります。これを様々な部門で実践することで、みんなが問題を共有し、知恵を出し合って問題解決を図る仕組みを作り上げ業務を改善していったのでした。ですからトヨタの生産現場では、何か問題が起きれば、働いている人の判断で、すぐにラインを止める。そして問題が起きたことをみんなに見えるようにし、その上で「なぜ問題が起きたのか」という真因を追究して、二度と同じ問題が起きないようにしてます。

 このようなことを基本としてトヨタやトヨタのやり方を実践した企業の「視える化」していった数々の事例が本書では紹介されています。

 それらの事例を見て、数多く言われているのは「結果をガラス張りにする」ということでした。これは個人の営業成績(星取表)であったり、会社や部門の経営状況であったりとリアルな数字を見ることなのですが、個人情報の保護の観点からなかなか実践できないというのがどの企業にも言える状況なのではないでしょうか。しかし目標や成果を示すことなく、ただ「頑張れ、頑張れ」と言うだけでは社員の士気が下がるばかりです。またやった結果が見えなければ、何が良かったのか悪かったのかも分かりません。「視える化」の根底にあるのは問題の共有でありますから、まずは結果を直視することから始めるのが重要だと改めて思いました。これは数字のみならず、会社のビジョンを言葉で伝えるというのも含まれています。

 他に「物事の本質を追究する」ということも多く言われていました。ある事例では、その部門のトップが業務改善に5S(整理、整頓、清潔、清掃、躾)を徹底実践していき、見た目には綺麗な職場環境を作っていたのだが、ある日天井を見たらクモの巣があることに気付いたというのがありました。たかがクモの巣と思ったら大間違いで、このような気持ちで例えば機械の故障があったらどう対処するのか?ちょっとした故障でももしかしたら大きな故障の前触れかもしれないとこの人は気付かないと思います。そう考えると本質が見えてないというのは恐ろしいことです。本質を「視える化」する、これも経営者やリーダーの重要な役目かと思いました。

 最後にこの本を読んで私が思った「視える化」の集大成とも言うべき一文がありますのでご紹介したいと思います。

「目標や理念が見えない会社ではどうしようもない。しかし、それが見えているだけではまだ不十分だ。社員みんなが目標や理念を理解し、共鳴し、実現に向けてみずから知恵を出す。これができて初めて企業は成長する。」





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.