税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久石堂 雄太伊藤 将英金田 好正加納 豊彦菰田 栄二
佐藤 忠輝高井 亮成千葉 雅司野曽木 尊之橋本 崇浩山本 英司

「トヨタ流『視える化』成功ノート」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
野曽木 尊之
 

 本書は、トヨタ自動車工業株式会社にて、大野耐一氏のもとトヨタ生産方式を実践、改善、普及に努め、その後、農業機械メーカー等でトヨタ方式を導入し、企業の体質改善を成功させた、カルマン株式会社代表取締役である若松義人氏によるトヨタ流の問題解決方法について書かれたものになります。

 トヨタ生産方式は、豊田喜一郎氏らが提唱していた考えを大野耐一氏らが体系化したもので、その柱となるものが、「7つのムダ」を無くすこと・「ジャストインタイム」に必要なものを、必要なだけ、必要なときに生産をすること・従業員の人間性や労働意欲を尊重した「自働化」することが挙げられます。主に製造現場及びそれに附随部門で用いられている手法になりますが、その考え方を基として、間接部門や非製造業へ適用させた業務改善手法はトヨタ式とも呼ばれています。

 ここでは、トヨタの強さを支えている「視える化」という技術に焦点を絞り、あらゆる人や企業に活用できる方法が、事例をもとに分かりやすく書かれているため、大変参考となるものです。トヨタ流の「視える化」には、見えにくいものを一見してわかるようにすることと、隠されがちな問題をみんなの見えるところに出すことの2点が挙げられます。

 1点目の見えにくいものを一見してわかるようにすることには、能力を視える化することが挙げられます。これは、社員としての必要な能力を全て洗い出し、一人一人についてその能力の評価を行い、その社員の得意なものと不得意なものを明確にすることです。社員の能力が明確になることにより、会社としては、適材適所な人員配置を置くことが出来ますし、本人としては、今後努力すべき目標が明確になり、労働意欲も湧いてくるようになります。

 また、2点目の隠されがちな問題をみんなの見えるところに出すことには、失敗の教訓を視える化することが挙げられます。これは、失敗には改善のヒントが隠れている場合が多いため、失敗の情報を共有化することによって、みんなで改善するための知恵を出すことが出来るのです。この失敗が隠れたままだと、同じ失敗が何度も起きることによる生産性の停滞と、より大きな失敗による会社の信用失墜の恐れがあるからです。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.