税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久石堂 雄太伊藤 将英金田 好正加納 豊彦菰田 栄二
佐藤 忠輝高井 亮成千葉 雅司野曽木 尊之橋本 崇浩山本 英司

「トヨタ流『視える化』成功ノート」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
佐藤 忠輝
 

 私は、この本を読むまで「トヨタ=カンバン方式」「下請けいじめ」「必要なモノを、必要なときに、必要なだけ」のジャスト・イン・タイムを強引に押しつけ、在庫をすべて下請けに持たせ、私たちと一緒に取引している中小企業にとってはあまりイメージが良くないと思っておりました。

 実際に「仕入価格を下げろ」「もっと納期を短くしろ」との要求はあると思いますが、トヨタは具体的に一緒に対策を考え、アドバイスをし、実際に自社で試験をしたりして改善の裏づけをもった信のパートナーとして「値下げ」等の要求をするそうです。

 今回の書、「視える化」とは企業の生産、製造現場などの問題点の見えにくいものを見えるようにして改善するという主旨のものです。

(1)「二度と同じ問題が起きないためにどうすればいいのか。」
(2)「見えるだけ」「気づくだけ」ではダメである。そこに改善が伴って初めて視える化が意味を持つ。

 「視える化」は常に問題意識を持ち、改善に改善を繰り返すことによるもので、トヨタ自動車の利益はこの「視える化」によって生み出されたと言っても過言ではありません。

 一般的に企業では、安全に関する表題や作業書、経営理念等を、掲示板に張る、額に入れて飾る、ポスターにするなどのケースがあると思います。
 それが、綺麗に作ることが目的となって本来の目的を忘れていることがあります。

(1)誰が、何の為に、どんな文書を、いつからいつまで掲示するかという決めことがない。
(2)古い文書がいつまでも貼られていて、誰もはがさない。
(3)掲示板が必要なところにない。
(4)文書を貼ろうとしても画鋲が錆びてたり、マグネット不足などで貼れない。

 一つでも心当たりがありましたら、「視える化」以前に、掲示のやり方を見直して下さい。改善策があっても、皆が意識するものでなければ掲示物は無用の長物です。
以上が整った上で、「視える化」を実施してもてはいかがでしょうか。

 本書には生産現場のみならず、ハウスメーカーの営業や郵便事業の配送までたくさんの事例がのっております。皆さんの現場での参考にこの書がなれば幸いです。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.