税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久石堂 雄太伊藤 将英金田 好正加納 豊彦佐藤 忠輝
高井 亮成武田 京子千葉 雅司野曽木 尊之橋本 崇浩山本 英司

「会計課長 団達也が行く!」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
橋本 崇浩
 

 今回ご紹介する作品は、『餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?』などの作品でおなじみの公認会計士である林總(あつむ)氏が、日経オンラインで連載しているものの書籍化、第一部となっております。

 内容は、東京大学卒の高学歴コンサルタントが、コンサルティング先の会社を倒産させてしまうというミスを犯し苦悩するが、そこから、おやじと呼ぶ大学の恩師のすすめにより、シンガポール大学院で再度勉強し直して、卒業後一流コンサルや外資系金融機関からの誘いをあえて蹴って、中堅の部品メーカー『ジェピー』という会社に入社し、奮闘しながら会社内部での不正を暴いていくといったストーリーとなっております。

 文中に『管理会計』という言葉が幾度かでてきます。
 管理会計というと、日常にはほとんど無縁のように感じますが、会計とは単に帳簿に数字を反映させる、あるいはお金を管理する、といったものだけに考えるべきではなく、会社にいる全ての人の働き・会社の仕事そのものを反映し数字として現わすものと考え、それによって出たデータというのは、従来の事業の状況・人件費から見る会社の年齢構成・設備投資状況といったものを判断し、意思決定した内容が正しかったのか、間違っていたのかを確認する。あるいは今後の意思決定の材料にするものだと考えています。

 作品中に出てくる『循環取引』や棚卸を利用した不正会計などは、現実社会において日常業務の延長線上にあるものと著者は書いております。だからこそそういったものを発見するといった意味においても、より実践的な会計の知識が経営者にとっては必要であり、その一部として主人公団の恩師宇佐見が言っている「異常値を見つける基本は、時系列に並べてみること」「異常が見つかったら、その構成要素つまり数量と単価に分解する」などが使える手法でしょう。

 会計というなかなか取っ付きにくいテーマを、小説という形で非常にわかりやすく、また、楽しく興味を持てるような形で読むことのできる今回の作品をぜひ皆様にも読んでいただきたいと思いますし、会計というものに何か少しでも新たな印象を持っていただければ幸いです。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.