税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久石堂 雄太伊藤 将英金田 好正加納 豊彦佐藤 忠輝
高井 亮成武田 京子千葉 雅司野曽木 尊之橋本 崇浩山本 英司

「会計課長 団達也が行く!」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
石堂 雄太
 

 「経営に使えない管理会計は意味をもたない」──。と考える公認会計士である著者、林總(はやし・あつむ)氏が書く、いまだかつてない物語で学ぶ会計と経営という経理ドラマ小説です。

 林總氏は外資系会計事務所、監査法人勤務を経て現在は公認会計士、税理士、LEC会計大学院教授、林總アソシエイツ代表取締役であり国内外の大手企業に対して、ITを活用した管理会計システムの設計導入コンサルティングをおこなっている方であります。

 そんな経験豊富な林總氏が今までに経験したことを基に会計テキストではなく、物語の手法を用いて会計を実際のビジネスで使うとはどんなことかを、なるべく具体的にかつわかりやすく伝えるとともに、会計の仕事とは会社の仕事そのものであり、経営の重要なものさしであることを、立体的に表現している本です。

 ストーリーとしてはカリスマ経営コンサルタント、宇佐見秀夫(師匠)の教えを胸に、熱血経理マン、団達也が中堅電子部品メーカー、ジェピーに入社しました。ジェピーの経営は、無力な経営者や不透明な会計システムのせいで、問題が山積みでありました。そこで団は経理部員の細谷真理とともに、会計スキルを駆使してジェピーを立て直していくというのです。そのジェピーの問題としては複雑かつ悪質な不正取引をおこなっているということであります。こういった不正取引が実際にあったからこそ、書かれているものであるので、このような複雑かつ悪質な不正取引があったとは非常に驚きました。とは言えこういった不正取引は違った形ではあるものの珍しくはないのかなと感じます。

 こういったように様々なことを感じながら、推理をしながら読んでいると飽きることなくあっという間に読み終わってしまったなと感じました。また、楽しみながら会計、財務の実践的な知識やスキルを身につけるヒントとなる本であるので家族に友人に勧めてみようと思える本でした。

 読み終わった今感じることが不正取引はあってはならないが、不正取引があっても仕方がないと思ってしまう程、日本の経済状況が悪化しているということだと痛感させられます。私どもが出来ることは様々な経営判断になるような材料(情報)を用意、提供することであり、何よりいち早くタイムリーな情報をお客様に情報提供をすることであります。情報スピード、情報量により少しでも選択肢の幅を持って頂けたらと感じますので、責任あるこの仕事を日々お客様の明日のため、真剣に取り組む次第であります。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.