税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久石堂 雄太伊藤 将英金田 好正加納 豊彦佐藤 忠輝
高井 亮成武田 京子千葉 雅司野曽木 尊之橋本 崇浩山本 英司

「ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
石堂 雄太
 

 この著書は絶対に失敗しないビジネス経営哲学というもので、ある意味サービス業の成功者である、芸人「島田紳助」氏が著者として書かれたものであります。

 吉本興業所属の島田紳助氏は「行列のできる法律相談所」や「世界バリバリ☆バリュー」など多数のレギュラー番組で司会として出演しています。そんな芸能活動の一方で、石垣島に喫茶店「TOMURU」や東心斎橋に「寿司 はせ川」など複数の飲食店ビジネスを展開している方であります。

 そんな島田紳助氏は「紳助竜介」が大ブレイクしていた最中、若干25歳という若さでビジネスを始めました。ビジネスを始めた理由というのが、「人の心を動かす」ということが大好きだったからだそうです。芸人としても、そうでありますが「どうしたらお客さんを笑わすことができるか」「どうしたら満足してくれるか」ということは漫才の世界でもビジネスの世界でも通ずるものがあるのだと思います。やはり経営する上での心構えとしてお金持ちになりたいから、社長(経営者)になるといった考えではなく、お客さんに喜んでもらいたい、お客さんの役立ちたい、などそういった気持ちが根底になくてはならないのだと思います。

 以前私がある店に食事しに行った時、気持ちよく食事することができたことがありました。私が店員さんに「タバコは売っていますか?」と聞くと店員さんは「売ってないです。すみません。」と言い、またすぐに他のお客さんの接客をしていて忙しそうな感じでありました。少し店内が落ち着いてきた頃、先ほどの店員さんが私達のテーブルに来て「少し落ち着いてきたのでタバコを買ってきます。何がよろしいですか?」と店員さんは言うのです。ないものはないという考えではなく、どうしたらお客さんの要望に応えられるかを考えている店員さんの言葉に驚き、とても感動しました。

 やはりどんなサービス業にも一番大切なことはお客さんの立場になって考えることであります。どんなことをしたら喜んでくれるか、または要望があった場合にも出来ないとすぐに判断するのではなく、どうすればお客さんの要望に応えられるかを考え、実践していくということは必要だと思います。この著書を読み、感動した体験談を思い出すとともに、改めて、サービス業とはということを考えさせられました。とてもユニークな表現を用いており、読みやすいものとなっております。ぜひご一読頂ければと思います。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.