税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久石堂 雄太伊藤 将英金田 好正加納 豊彦佐藤 忠輝
高井 亮成武田 京子千葉 雅司野曽木 尊之橋本 崇浩山本 英司

「ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
伊藤 将英
 

 今回は、タレントとして活躍している島田紳助氏の書籍をご紹介いたします。今回の書籍は、島田氏の実業家としての事業に対する考え方や実例が多く紹介されています。
 私がこの書籍を読みまして、印象に残った部分をご紹介いたします。

 〜顧客満足度を高めるために、従業員満足度を上げるという考え方だ。従業員が満足して働ける環境を整えれば、サービスの質は自然に向上し、その結果としてお客さんの満足度も高まるというわけだ。〜 この部分では、従業員の満足度を重視しています。従業員の働く環境を整えることが大事だと思いますが、一言に環境と言っても、給与、コミュニケーション、仕事に対するやりがいというように、従業員の働く環境の満足には、いろいろな要因があります。私が感じるのは、中でも仕事に対するやりがいが一番重要ではないかと思います。仕事に対するやりがいを感じてくれれば、自然にお客さんのことを考え、サービスの向上につながるのではないでしょうか。

 〜満足感と値段が釣り合っていれば客は納得する。値段に比べて満足感が大きければ、この店はお客のために努力してはるやなあと感動する。

 別に高級料理店じゃなくても、学生向けの定食屋だってそうだ。お腹を空かせた学生の顔を見て、ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する。「オバチャンの店に行くのは腹一杯食えるからや」と学生は言うかもしれないが、ほんとはみんな、オバチャンの気持ちが嬉しいのだ。〜 というようにお客さんの気持ちをいかにして掴むことが重要なのかが伺えますが、確かに実際に飲食店などに行ったときに、店員さんのちょっとした気遣いが嬉しく感じ、またこの店に来たいという気持ちにさせられることがあるので、お客さんの立場にたって考えることが重要ではないかと思います。

 以上のような考え方を前提に寿司屋や鉄板焼屋、フォークソングバーなどを経営し、成功をおさめているそうです。また、これらのお店を経営するにあたって信頼できる仲間と仕事を通じて夢を実現していこうとする行動力にとても感銘を受けました。

 この本には経営者にとって心がけたい事項が多く書かれており、また、これからの経営に役立つことが多く発見できると思います。書籍の最後に僕はこういう気持ちで一緒のチームとして働き、信じ合える仲間でありたいとの思いを込めた詩もとても印象深いものでしたので、是非読んでいただきたい一冊です。

 また著者は、こういったお店の数々を自分が信頼できる好きな人間と一緒にやっているという。熱い心をもった仲間と走りたいからビジネスをやる。人にも自分にも夢を与え、分かち合うことが大切なのだろう。働くことの醍醐味を教えてくれる一冊でもある。最後に書かれている詩も印象深かった。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.