税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久石堂 雄太伊藤 将英金田 好正加納 豊彦佐藤 忠輝
高井 亮成武田 京子千葉 雅司野曽木 尊之橋本 崇浩山本 英司

「ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
加納 豊彦
 

 今回ご紹介する書籍は、皆さんもよくご存知の島田紳助が書いたものです。160ページ程度ですので、おそらく気楽に読めるのではないでしょうか。

 島田紳助に関して、芸能界での活躍は改めて述べるまでもないでしょう。しかし彼にはもう一つの顔があり、経営者としても立派に成功を収めています。ただ彼のすごいところは他の芸能人が行うような名前を貸すだけのタレントショップではなく、自分で考え行動して成功していることにあります。本書ではその成功体験や彼が持っているビジネス感を綴っております。

 島田紳助は自分はビジネスで失敗したことがないと語っています。その理由として、まずあくまでもサイドビジネスとしてやっていることを挙げています。サイドビジネスということで仮に失敗しても生活に困ることはないので、その分思い切ったことが出来るから成功したのではと…逆に言えば本業でやるとなると、失敗したときのリスクを考えないといけないから思い切ったことが出来なくなるとも語っています。人間どうしても危険な状況になると守りに入ってしまいますが、それではトントンでは行けても成功にはなりません。やはりビジネスで成功を掴むためには、本業であっても思い切ったことをしていく必要があるように思いました。その前段階としてリスクに対しての対策をとっておけば、思い切ったことも出来るのではないでしょうか?

 また第二章では常識破りで魔法のアイデアというタイトルで色々と面白いエピソードが書かれています。その中で私が気になった内容として、タレント店がなぜつぶれるかというのがありました。タレント店では、テレビや雑誌の取材が来てくれる機会が多いのでその分宣伝効果は大きくなります。最初のうちは長蛇の列が出来ますが、もしその店の商品が良くなかったらどうなるのか?結局悪い宣伝をしているのと同じなので、悪評があっという間に広がり瞬く間に閉店に追い込まれてしまいます。ただこの話は何もタレント店だけのものではないと私は思っています。開店当初や売上が伸び悩んでいる時は大々的な広告を打ち出しているところも多いのではないかと思いますが、そんな時上記のような状況に陥る危険性があることをどれだけの経営者が認識しているでしょうか?

 そういうことをせずとも成功できる秘訣がその後に書かれていますが、それはここにしかないものを作れ!ということでした。それは商品、サービス、何でも構わないと。これも私が常に思っていることと同じで、その人にしか出来ない、その店でしか味わえないというものがあるからこそ、人はそれを求めてくる。そこでその人、その店の存在意義が確認できると。よく、あそこの店が成功したからうちも真似してみようとしますが、そうしている以上オリジナルは絶対に超えられません。真似をして学ぶことも勿論多いですが、そこから発展させ自分だけのものを作っていかなければならないと思います。

 今未曾有の不況に日本中が大混乱しております。そんな世の中だからこそ、それそれが知恵を絞って良いモノを作っていくことが重要になってくる。みんなが存在意義を確認できる最大のチャンス…本書を読んで私はそんなことを感じました。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.