税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久石堂 雄太伊藤 将英金田 好正佐藤 忠輝高井 亮成
千葉 雅司野曽木 尊之橋本 崇浩山本 英司

「俺は、中小企業のおやじ」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
山本 英司
 

 今回紹介する本は、スズキ株式会社の会長である鈴木修氏が著書の本です。スズキという会社は、軽自動車では世界トップシェアを持ち、1973年〜2006年まで34年間連続で国内1であるとともに、日産自動車やマツダへもOEM供給を行っている会社です。現在その会長である鈴木氏は徹底して現場にこだわる強いリーダーシップで、社長就任時に売上高3,232億円だったスズキを、30年間で3兆円企業にまで育て上げた方です。その鈴木氏が、「俺は、中小企業のおやじ」と本のタイトルにしています。タイトルからして興味深い本ですが、読んでみて私が気になったところを紹介したいと思います。

 「会計の基本は2つのポケットだ」
 「バランスシートを読めなくても、商業簿記を勉強しなくても、2つのポケットがあれば用は足りる」という考え方です。それは、ある青果店のおやじさんが、店ではいつも、右と左に1つずつ、2つのポケットが付いたエプロンをしていました。今日仕入れてきたものが10万円なら、売上げが10万円になるまでは「右のポケット」だけにお金を入れてしまっておくのです。売上げが10万円を超えたらはじめて、超えた分のお金を「左のポケット」に入れるようにしていました。なぜ、こんなふうに2つのポケットに分けるのか。それは、「売上げと儲け(利益)は違う」ということがわかっているからです。左のポケットにたまったお金は正真正銘の利益です。好きなように使えるお金です。ところが、人は往々にして1つのポケットにすべてのお金を突っ込んでしまいます。すると、他人に支払わなければいけない原価の分まで儲かっているように錯覚してしまい、失敗するのです。

 私は毎月たくさんの中小企業の社長からお話を聞く機会がありますが、その際、現在の商売の状況を聞くと、その月の決算書も見ないで「今月はダメだった」と答えが返ってくる社長がいます。これは社長の「動物的カン」「カンピューター」とよく言われるものです。私が不思議がって「どうして分かるんですか」と聞くと、社長は笑いながら「お金や商品の動き、社内の雰囲気から帳簿を見なくても自然と分かるんだ」って自信満々に答えてくれます。おそらく、上記の2つのポケットが社長の頭の中にもあるのかなと思ってしまうエピソードです。

 上記以外にも本には、例えば「ボトムアップはコストアップ。トップダウンはコストダウン」など中小企業の経営に役立つような内容がいくつも書かれていますので、読んでいただければと思います。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.