税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久石堂 雄太伊藤 将英金田 好正北村 光宏工藤 真裕
佐藤 忠輝清水 淳高井 亮成千葉 雅司野曽木 尊之橋本 崇浩山本 英司

「野村再生工場」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
飯田 敏久
 

 野村監督が監督を務めたチ−ムにおいて、必ずと言って良いほど再生された選手が活躍をしています。他のチームで戦力外になった選手達が、野村監督の指導により再度輝きを取り戻すのです。この本では、選手の育成、チ−ム作り等に対する野村監督の考え方が非情に解り易く書かれていると思います。

 指導の面については、なるべく教えるな、ということが書いてあります。メジャ−リ−グでは「教えないコ−チは名コ−チ」という名言があるそうです。コ−チがあれこれと教えることは、必ずしも選手のためにはならない。教えすぎることによって選手が自ら考えることをしなくなってしまう。人間は、失敗してはじめて自分の間違いに気付くのであり、自分で気付く前に何か言われても聞く耳を持たない。指導する上では、まず選手の中で問題意識が高まるようにアドバイスをし、本人に疑問が生まれるように仕向ける。そして選手が自ら教えを乞いに来た時に徹底的に教え込むそうです。その時は選手の向上心や知識欲が最高潮に達している時なので、聞き入れ態勢が出来ており、コーチの言ったことを吸収する。その結果、見違えるような成長を見せることがあるそうです。コーチの能力としては、選手の心理や置かれた状況をきちんと見極め、最も効果が期待できるタイミングで教えることが求められます。

 ただし、いくら教えられても、言われたことだけを言われた通りにやっているだけでは、それ以上の成長は見込めません。選手自身に創意工夫をする気持ちや、考えることがなければ一流にはなれません。野村監督は選手達から、プロ野球選手としての明確な目標を聞き出すそうです。そして、「では、そのためにどうすればいいのか、何をしなければいけないのか」と、目標をさらに明確にするそうです。目標を達成するために「足りないものはなにか」「何をしなければならないのか」を考え、明確にし、課題に対して自ら真摯に向き合える者だけが一流になれるのではないでしょうか。

 次に、「野村野球」について書かれています。野村監督自身の認識は「プロセス重視」になるそうです。「一に準備、二に準備」であり、準備の大切さが書かれています。たとえば、常に相手バッテリ―の動きや配球をチェックし、その意図を考え、周到な準備をしておかなければいけない。準備すなわちプロセスを重視した指導を徹底しているそうです。きちんとしたプロセスを踏むからこそ良い結果にたどり着くことが出来る。また、結果を出すためには、どのようなプロセスを歩むかということが重要になります。正しいプロセスを踏んでこそ、余裕を持つことが出来、その組織は本当の意味で強い組織になります。

 最後に、強い組織を作るためには「フォア・ザ・チ−ム」、チーム優先主義が必要だということが書かれています。野球は団体競技であり、選手それぞれが自分の役割をしっかりと認識し、まっとうすることが一番大切なことです。それが一丸となって戦うという意味であり、個人プレ−に走ってしまえば、力は分散し、組織は崩壊してしまいます。これは一般の企業についても同じです。ベクトルが全員同じ向きに向いていれば、非常に強い組織になります。このような組織を目指しましょう。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.