税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久石堂 雄太伊藤 将英金田 好正北村 光宏工藤 真裕
佐藤 忠輝清水 淳高井 亮成千葉 雅司野曽木 尊之橋本 崇浩山本 英司

「野村再生工場」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
石堂 雄太
 

 今まさにスポーツ界いや、世間を賑わしていると言っても過言ではない、東北楽天ゴールデンイーグルス監督である野村克也氏を著者とした、「野村再生工場」をご紹介いたします。
 この本は野村氏がプロ野球選手時代から解説者時代、監督時代へと野球漬けの中での経験から培った、指導者たる考え方であったりその指導方法であったり、それこそ野球のみならず、企業で働く我々にも通ずる人の育て方(叱り方、褒め方、教え方)など実体験を基に書かれたものとなっていますので、とても参考になる著書となっています。
 その中で気に入ったところをご紹介させて頂きたいと思います。

「なるべく教えるな」
 野村氏はコーチたちに「なるべく教えるな」と言っているそうです。教えすぎると、選手がみずから考えることをしなくなるからだそうです。人間は自分のやり方は間違ってないと思っている以上人の意見を真剣に聞く耳を持たないので、そんな選手に対してはすぐに教えてしまうのは逆効果であると言っています。人間は失敗してこそ自分の間違えに気づき、自ら考え悩み、相談や質問など聞いてきた時こそ、絶対に突き放さずに徹底的に教え込むのだそうです。

 ここで気づくところは、指導者は教える相手のタイプ(性格)を見極めること。人には褒めて伸びるタイプと叱って伸びるタイプとがいるというのをよく言いますが、それと同様、まずその人がどんなタイプなのかを見極める必要があるということ。
 そして次にその人が今どんな心理状態になっているかを読むこと。今この人にこれを言ったら素直に聞くのか、あるいは怒るのか、凹むのかなどといったこと。   
 こういった心理状態その中でいかに問題意識を本人に持たせ、気づきを与えることができるかということ。

 要するに「観察力」に「言い方」、「タイミング」が指導する上では重要だということだと私は解釈しました。こういったことを考えながら本人にあった指導をしていくことが、相手の、そして自分自身の指導者としての成長に繋がるのではないかと思います。指導される側は、指導されたことを理解しようと考えたり、頭を悩ませたりと常に頭をフル回転させて指導を受けるのだと思います。しかし、指導者側は相手や周りの様々な状況などを考えながら、頭を使いながら指導することから、本当は指導者側の方が頭を使っているのかもしれません。本当の意味で相手のことを考えながら指導出来る人が指導者であってほしいと思います。
 私自身も日々の仕事の中で、指導している方々を目で見て、聞いて、実際に私自身が指導されることで、肌で感じ、そこから指導者とはこうだと、指導するということはこういうことだと、自分なりの指導学みたいなものを今後築きあげられたらなと感じます。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.