税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久石堂 雄太伊藤 将英金田 好正北村 光宏工藤 真裕
佐藤 忠輝清水 淳高井 亮成千葉 雅司野曽木 尊之橋本 崇浩山本 英司

「野村再生工場」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
金田 好正
 

 今回は現楽天イーグルス監督である野村克也さんの書かれた「野村再生工場」という本をご紹介させていただきます。この本は野村監督が監督業を通じて得た教訓や教育論を、プロ野球という舞台でいかに実践されているかを実例を交えて話されている本です。
 その中から私がリーダーとして集団を束ねていく上で、必要であると思われる考え方がいくつかありましたので、ご紹介させていただきます。
 
その1
 「組織はリーダーの器以上には大きくならない、と私は思っている。つまり、組織の伸長は指揮官のレベルアップ如何にかかっている。とすれば、リーダーと呼ばれる人間は常に自分がレベルアップしていくことを目指す必要がある。〜より高みを目指して挑み続けなければならないのである。」
 
 これはどの企業(組織)にもあてはることですが、私はとりわけ中小企業ではより強くそれが反映されるのではないかと考えています。ですから、従業員を成長させようと思うのであれば、まず自分が率先してあらゆる行動をおこすことが必要であり、それができないようであれば結果として企業(組織)としての成長も望めないのはないでしょうか。

その2
 何も考えず打席に立つ山崎選手とミーティング時に野村監督が話した会話。
 「おお、野球って言うのはそうゆうふうにやるのか。(山崎)」
 「お前何を言っているんだ。そんなこともわからないでこれまでやってきたのか。(野村)」
 「まあ、そいうことになりますね。(山崎)」
 要するに山崎は考えて打席に立つことなどほとんどなかった選手だったのだ。

 企業(組織)の中には潜在的な能力はあるものの、日々の仕事に追われていたり、何も考えずに職務をこなしたりと、個人の能力を活かし切れていない従業員も少なからずいるのではないかと思います。そういった場合にリーダーが自分の過去におなじような経験があれば、それを話してあげた上で個々人にあったアドバイスをしてやるのが野村流のようです。
 
 この本を読めば、皆さんがもたれていた野村監督の印象が違う物になることはもちろん、野球という業種だけでなく、あらゆる業種に通じたリーダー観も養えるのではないかと思います。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.