税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久石堂 雄太伊藤 将英金田 好正北村 光宏工藤 真裕
佐藤 忠輝清水 淳高井 亮成千葉 雅司野曽木 尊之橋本 崇浩山本 英司

「野村再生工場」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
工藤 真裕
 

 2009年10月、楽天イーグルスは、球団創設5年目にして初のクライマックスシリーズへの進出を決めました。楽天イーグルスは、文字通りゼロからのスタートでした。他球団から主力選手を獲得することなく、寄せ集めのチームと言わざるを得ませんでした。野村監督は、このような状態のチームを5年目にして上位球団の仲間入りをさせました。これは、野村監督の大きな功績であり、称えられるべきものであります。今回、その野村監督の著書である「野村再生工場」を通じて、指導者としての姿勢や考え方の一部に触れることができました。この作品には様々な教訓が散りばめられていて、作品を通して、野村監督の野球への愛情やファンに応援される側のプロ意識というものを感じることができました。この本の中で、私の心に残った言葉を紹介させていただきたいと思います。

 一つ目は、私にとっては意外なものでした。それは、『プロセス重視』という言葉です。プロ野球に限らず、プロスポーツというものは結果がすべてであり、これについては野村監督も肯定しているところであります。野村監督は、ヤクルト時代に常勝チームを作り、阪神でも選手育成で何人もの才能を見出しました。試合に勝つためには、選手をふるいにかけ、良い結果を出した選手だけを残すのが当然だと思っていました。しかし、野村監督は違いました。強い組織をつくるためには、個人の結果ではなく、チームのことを考えたプレイができているか、また、選手自らに目標を持たせ、そのためにどう取り組んでいるか、を観察しているのです。選手が結果を出すためには、どのようなプロセスを歩むかが重要になると述べています。失敗を次につなげることこそ大切だという言葉からも分かる通り、野村監督は常に将来志向型であるのです。目の前のことで精一杯になっていて、先を見越した思考ができない、私自身、そういう瞬間があります。これを機に見直さなければならないと感じました。

 二つ目に紹介させていただきたいのは、『人間的成長なくして技術的進歩なし』というフレーズです。これは、「野村再生工場」の中で発せられる言葉の中でも、私の心に一番残ったものであります。野村監督は、「人間」は「人の間」と書き、「人の間にあってこそ、人のためになってこそ人間」であると述べています。人間は自分一人で生きているのではなく、お客様、職場の仲間、友人や家族など、私も普段から様々な人から恩恵を受けています。改めて、他人があってこそ自分がいるという謙虚な気持ちを忘れてはいけないと感じました。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.