税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久石堂 雄太伊藤 将英金田 好正北村 光宏工藤 真裕
佐藤 忠輝清水 淳高井 亮成千葉 雅司野曽木 尊之中村 由布紀橋本 崇浩
山本 英司

「「優柔決断」のすすめ」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
飯田 敏久
 

 この本を読むまで、「優柔不断」という言葉は知っていましたが、「優柔決断」という言葉は始めて耳にしました。

 「優柔不断」はあまり良いイメ−ジは使われておりません。「優柔」という言葉が、「不断」という言葉とセットで使われるため、決断力に欠けるという意味で使われることが多いからだと思います。しかし、この本で書かれている「優柔」とは、「優しくもの柔らかなこと」を意味しており、考え方を柔軟にすることにより、たくさんの情報を取り入れ、いろいろな方法を試し、その状況における最善の方法を選択し「やる」ことです。

 プロ野球のドラフト会議において、自分の想いとは別にどこの球団からも指名されず、一時とはいえ、プロ野球への道が閉ざされてしまいます。普通の人はその時点でプロ野球への道を諦めてしまうかもしれません。この時に将来の自分の姿がはっきりとイメ−ジが出来ていたので、将来の自分に近づくには、今何をすべきか情報を収集し、その情報のなかから、その時点での最善を選択しています。

 その結果、プロ野球に行くには、「来てくれ」と請われる選手になることと考え、そのためにはその時点で何をしたらよいかと考え、目標の切り替えが行われております。それが、社会人チ−ムでレギュラ−を獲得し、全日本に選ばれ、ソウルオリンピックに出場するということです。

 ただし、全日本に選ばれ、ソウルオリンピック代表になるということも、そう簡単に出来ることではありません。実力が有ることはもちろんですが、同じような実力を持った人はたくさんいます。そんな時、選ばれるために何をしたらよいかを考え、選ばれるために最大の努力をする。選ばれるための情報をできるだけ集め、上司が何を必要としているか理解し、アピ−ルをする。活躍をするには、活躍するための機会がなければならないし、選ばれることが、自分の目標に向かってのスタ−トラインとの考えからです。今の環境を素直に受け入れ、その与えられた環境のなかで自分を活かす道を探すことが必要であり、それができなければ、いくら実力があっても認められません。一番大事なことは、自分の立場を理解し、この場面では、評価される側であり、選ばれる側であるということです。

 次に、コミュニケ−ションについても書かれています。チームのコンセプトには基本的には従うべきであり、指揮官が方向性を示したら、チ−ムが一丸となって同じ方向に進んでこそ成果が上がります。チームが一丸となって同じ方向に進むことで一番恐いのは、皆に遠慮が出ることです。試合中は上も下もなくチ−ムメイトであるべきであり、下から上に対して意見を言えない、上から下に対しても遠慮から意見を言えない。これでは意思の疎通は図れません。ちょっとしたコミュニケ−ション不足で問題が生じてしまいます。

自分の考えをきちんと表現できなければ、お互いの信頼関係は生まれません。当然意思を表明することになるので、そこには責任が生じます。責任が生じることにより必死で取り組むことになります。しかし、そこでの成功が本人の成功体験となり、その後の貴重な財産になるのではないでしょうか。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.