税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久石堂 雄太伊藤 将英金田 好正北村 光宏工藤 真裕
佐藤 忠輝清水 淳高井 亮成千葉 雅司野曽木 尊之中村 由布紀橋本 崇浩
山本 英司

「「優柔決断」のすすめ」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
伊藤 将英
 

 今回は、前回の野村監督に続きまして、教え子である古田敦也氏の書籍をご紹介いたします。古田氏といえば野村監督のID野球の申し子として、数々の活躍をしてきた人物ですが、私が野球解説等を聞いていますと、ピッチャーとの間の配球から各野手の守備位置やトリックプレーに至るまで、グランド全体を見通す視点や理論的な解説に特に惹かれます。
 そんな古田氏が、今までの野球人生を通して、どうして「優柔決断」(柔軟に情報を収集したうえで、最終的にそれを活かした「決断」をしっかりするということ。)という考えに至ったのかを、具体的な事例を交えて書かれている書籍です。

 数々の事例の中から、優柔決断のヒントとして私が印象に残った部分をご紹介いたします。

 あらゆるところから情報を引っ張り出す
 情報を集めるときは、とにかく間口を広げておくこと。本でもいい、ネットの情報でもいい、だれかのアドバイスでもいい。やる前から「あれは苦手」「これはいい」と先入観や好き嫌いでふるいにかけず、どんなことでもまず試してみてください。そのうえで、よかったら採用、違うと思えば不採用と、後から自分で選択すればいい。そして、たとえ自分にピッタリな方法が見つかったとしても、その一つだけで満足しないこと。「これでいい」と思った瞬間に、成長が止まってしまうからです。せっかく間口を広げたつもりでいても、結局は情報を閉ざしたと同じことになってしまいます。

 実際にやってみて自分のものにする
 情報を集めることの大切さを知っている人はたくさんいます。人のアドバイスには熱心に耳を傾けるし、本や雑誌に興味のある記事があれば、切り抜いて取っておく人もいます。しかし、それだけでは足りないのです。実行すること、自分自身で体感することが大切。そこまでしてはじめて、優柔決断といえるのではないでしょうか。

 上記のように、情報収集と行動するという意味で言いますと、今では、インターネットや書籍、テレビなど情報収集の媒体が数多くあふれているので、そんな情報に目や耳を傾けておくことも重要だと思いますが、その中から、仕事やプライベートに必要な情報を取捨選択する作業が重要だと思います。また、その選択した情報を活かすためには、その情報をもとに行動することが重要だと思いました。今回、この書籍を読みまして、感じたことは、やはり考えているばかりでなく、考え抜いた決断を行動に移すことが大事だと感じましたので、私も日々過ごす中で、心掛けていきたいと思いました。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.