税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久石堂 雄太伊藤 将英金田 好正北村 光宏工藤 真裕
佐藤 忠輝清水 淳高井 亮成千葉 雅司野曽木 尊之中村 由布紀橋本 崇浩
山本 英司

「「優柔決断」のすすめ」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
中村 由布紀
 

 元ヤクルトスワローズの古田敦也選手は、ヤクルト黄金時代を支えた名捕手でした。
 『ID野球』といえば野村監督ですが、古田選手あってこそまたこの戦略が効果的に実践され、実績を残し、日本の野球界に広まったものだと思っています。
 今となっては古田選手といえば、野球好きでなくとも誰でも知っている名選手ですが、そんな彼もスタートは挫折から始まったものでした。
指名されると信じていたドラフトで名前が読み上げられず味わった屈辱感。彼はそこでいじけることなく、自分自身と冷静に向き合い、行動することで現在に繋がる栄光を手にいれました。
 それは、場合によっては今までの自分の考えを180度変えていくものでもありました。
 野球技術の発展のスピードはとても速く、柔軟に対応することをしていかなければ長くプロの世界では通用しないのです。
 よさそうだと思ったらまず、試してみる。それが本当に正解かどうかはわかりませんが、しかし試してみなければ、良いか悪いかも知らないままです。それを繰り返して、常に自分にとって最適のスタイルを探し続けていたそうです。
それはなにもプロ野球の世界に限った話ではなく、私自身の日常にも非常に関係してくることだと感じました。
 時代は常に流れているため、最初はうまくいっていた方法や考え方がそぐわなくなってくることも度々あるでしょう。それに気づかずにひとつのことに拘りすぎていると、いつのまにか取り残されてしまい、最悪の場合は取り残されたことすら気づかないままとなってしまうのです。
古田選手は、プロ入り二年目で首位打者を獲得できた理由の中に、『相手の気持ちを考えて打つ』ということを述べています。その発想に至るまでは、自分の打ちたい球がくることをひたすら祈るだけだったそうです。
 私も普段、自分の得意な仕事がまわってこないかなということはよく考えてしまいます。
 ですが、お客様のニーズは多種多様で、当たり前ですが自分の得意な分野ばかりを求められるわけではありません。日々の勉強による準備が非常に大事だと感じました。
 自分の思い通りにことがすんなり進むことなどそう頻繁にあるわけではありません。問題が起こるのは当たり前。それが起きたときに柔軟に対応する力…『優柔決断』で、私も会計人として、名選手を目指したいと思います。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.