税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久石堂 雄太伊藤 将英金田 好正北村 光宏工藤 真裕
佐藤 忠輝清水 淳高井 亮成千葉 雅司野曽木 尊之中村 由布紀橋本 崇浩
山本 英司

「「優柔決断」のすすめ」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
高井 亮成
 

 今回ご紹介する書籍は前回の野村再生工場に続き古田敦也氏の「優柔決断のすすめ」。野球をお好きな方はいざ知れず、知らない方でも古田敦也氏のことは皆様ご存知だと思います。内容としましても氏が野球を通じて感じられたことを中心に書かれている一冊です。

 本屋に行くと、よくプロ野球選手及び経験者が書かれた本を目にすることがありますが、この本を読んで改めてプロ野球の世界は社会の縮図ではないかと感じました。

 優柔不断という熟語はありますが題名の優柔決断という熟語はありません、あくまで造語なのですが、内容にもかかれているとおり大量の情報が飛び交う現代では、考えることが少なくなってきてはいるのではないかと思います。
 自分の考えよりも先に情報が入ってきてしまうことで、体験して覚えるような事象でも先に入ってきた情報を覚えてしまう・・・そうなることで頭でっかちになり情報のみを信じて進んでしまう。野球でたとえるのであれば新人ピッチャーが相手チームの4番バッターに過去のデータだけを頼りに投げてしまう。そこには緊張しているから玉が荒れるという考えはなく結局あまいコースに入りホームランされる。

 このようにひとつの事象にとらわれずに、柔軟に物事をとらえることがここでいう「優柔」だと、また自分の選択したことに責任を持つことが「決断」。この二つを組み合わせた優柔決断こそが、これから求められる力になってくるのではないかと思いました。

 このようなことが全体にわたってエピソードとして書かれております。最初の理論派古田氏のイメージとは180度違った、意外に柔軟な考えを持っていることに驚きました。
 最後になりますがこの不況下の中、この状況から早く脱しようとさまざまな思考をもっていらっしゃると思います。是非この「優柔決断のすすめ」をお読みいただきまして、優柔・決断をしていただければと思います。
 また皆様方の感想をお待ち申しておりますので、宜しくお願い致します。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.