税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久石堂 雄太伊藤 将英金田 好正北村 光宏佐藤 忠輝
清水 淳高井 亮成千葉 雅司中村 由布紀野曽木 尊之橋本 崇浩山本 英司

「続・世界の日本人ジョーク集」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
千葉 雅司
 

 本著は日本人を題材にしたジョークを集めた新書の第2弾です。ルーマニアに住んでいたり、その後も世界各地を点々としている著者が「ジョーク」を題材に日本人が世界でどう見られているのか、を解説していく一冊です。

 著者の主張は、日本人が思っているほど日本人のイメージは悪くない、日本人よ自虐的になるなという点であろうかと思います。確かに日本人が卑下するよりも、日本や日本の文化、製品などは世界で高い評価を得ています。

 本書の著者早川隆氏は旅行雑誌の編集職を経てフリーとなったルポライターです。現地に密着したエッセイ、スポーツエッセイなどを手掛けています。紛争国・地域にも度々取材に赴き、現地の生々しい生活を著書に記してもいます。日中戦争、太平洋戦争に関する著作も多くあります。ジョーク集といった軽めの題材ではありますが、こういった経歴の著者の視点、主張が色濃く出ていて、日本の「格差社会」なんてたいしたことじゃない、歴史認識など国によって異なるのが当たり前で共有できるはずがない、戦前戦中の日本はナチスドイツとは違う、などの政治的な主張も前面に出ています。娯楽本として気楽に楽しめる傍ら、考えさせられる部分も散りばめられております。

 また、外から見ると、日本という国は、日本人という人は、こう見えるのだと、改めて気づかされる部分がよく出てきます。中にいるとなかなかわからないことが、外から見るとよくわかる、ということなのだと思います。もちろんここで描かれている「日本」や「日本人」あるいは各国やそこに暮らす人々の姿、というものは、多分にある一面を誇張し、拡張しているものであって、かなり割り引いて読む必要がありますし、中には全く当てはまらないようなこともあるかもしれません。それでも、本当かどうかはともかく、外に対してはこういった印象を与えているのだという事実は無視できません。

 私たち個人個人についてにも言えることで、本当はこうなんだといくら説明しようとも、そのように相手に伝えることができなければ、自分の意志とは必ずしも一致しない印象を相手にインプットさせてしまうことになります。そしてたとえそれが間違いであっても、その相手が悪いわけではなく、そういう印象を発信してしまった自分がその原因であるわけです。

 逆に、これらの「外の声」を聞いて、自信過剰になったり、いたずらに自虐的になることもまた、避けねばいけません。

 等身大の自分を知ること、そして伝えること、それはとても難しいのですが、ややこしい世の中を渡り歩く上で、それなりに必要なことなのかもしれません。個人にとっても、国にとっても。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.