税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久石堂 雄太伊藤 将英金田 好正北村 光宏佐藤 忠輝
清水 淳高井 亮成千葉 雅司中村 由布紀野曽木 尊之橋本 崇浩山本 英司

「続・世界の日本人ジョーク集」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
佐藤 忠輝
 

 この本を読み始めるまでは、日本人を小馬鹿にした話かと思っておりましたが、決して悪い扱いばかりではなく、日本人の特徴をよくとらえたユーモアのある小話が多かったと感じました。

 日本人は小型化を好み、自らさえも「小型化」しようとする、非常にユニークな民族であるとありました。
 携帯電話やデジタルカメラなら世界最小・最軽量を目指し、テレビなら世界で最も薄いことに価値を見出すモノづくりをしています。諸外国では「大事なのはモノの質であり、その大小にはあまり関心がない」との事ですが、日本人は質が良いことは当然のこととして、さらなる小型化を図ろうとする。
繊細な感覚と、手先の器用さは日本人の長所の一つであります。
このモノ作りと同じように自らの実体も「より小さく見せる」というところもある。「本当はできること」でも「いえいえ、できませんよ」と言ったりする。
謙虚と言えば聞こえが良いが、世界的には自分を大きくみせようとする民族が圧倒的に多いと聞くと、グローバル社会の中、アピールやプレゼンテーションを日本人が苦手と言われる由縁も納得できると感じました。

 ジョークとは少し話が離れますが、日本の技術は世界的にも最先端であり、他の国に負けないノウハウがあると思います。最近では韓国のサムスン電子が世界的に認められ、毎期増益を計上しているとの事です。日本の電器メーカー全体の利益合計よりもサムスン電子の利益の方が多いとの話も聞きます。

 日本の企業が、最先端の技術とノウハウを持っていても「商売が下手である」ことが実証されたようなものです。
 これは、日本企業だけの問題ではなく、日本政府も経済回復の為に国際経済取引の規制を考え、日本企業が国内利益を増加できる体制作りを早急に考えないといけないと思います。
日本の企業会計基準も「IFRS」(国際財務報告基準)の導入を控えておりまので、何でも小型化するのではなく、利益は大型化して戴きたいものです。

 この著書では「小型化」以外にも日本人の特徴を顕著にとらえていると感じる部分がありますので、肩の力を抜いて部分的にでもお読み戴けたらと思います。ちょっとした小話に使えると思います。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.