税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久石堂 雄太伊藤 将英金田 好正北村 光宏佐藤 忠輝
清水 淳高井 亮成千葉 雅司中村 由布紀野曽木 尊之橋本 崇浩山本 英司

「続・世界の日本人ジョーク集」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
清水 淳
 

 この本はそのタイトルの通り、世界で話されている日本人が登場するジョークを介して、海外の人々が持つ日本人像を紹介していくものです。
 ジョークというのは、表向きは柔らかな反面、意外と的確な批評であったりするものだと思いますが、本書を読む限りでは、日本人は真面目で勤勉といったイメージのものが多く、日本を殊更取り上げて揶揄するようなものがあまりないため、この点については一人の日本人として素直に嬉しく思いました。

 しかし、改めて気付かされたことは、日本人は自分たちの民族的な良さへの自覚が薄いのではないか?ということです。むしろ悪さの方ばかりに意識が回ってしまっているような気さえします。
 この点については本書中において著者が触れておりますが、「『自虐主義』もほどほどにしないと、将来ある子どもたちは自分の国に嫌悪感を抱くのみである。(P.181)」という、著者の危惧する状況を招きかねないことだと思いますので、悪いことは悪いとした上で、良いことを意識して探すよう努力する必要があるのではないでしょうか。
 日本人は、特有のメンタリティでみだりに偉ぶらない気質があるとはいっても、もう少し自国に対する自尊心を持って良いのではないかと感じられました。

 本書のジョークの収集元ですが、欧米が中心という印象で、ジョークにされる話題は経済、ビジネス、歴史、スポーツ、文化など多岐に渡っています。
 また、国民性を取り上げたジョークばかりでなく、世界情勢を風刺したジョークなども紹介されており、紹介の合間に背景説明等の解説が挿まれているため、分かり易く気軽に読み進められる本になっております。
 海外の人々が日本の状況をこうしてジョークにしても私たちが笑うように、私たちが海外の国々の状況をジョークにしても海外の人々が笑う。
 そうやって互いに笑い飛ばし合って物事を収められる世の中であって欲しいものだと思います。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.