税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久石堂 雄太伊藤 将英金田 好正北村 光宏佐藤 忠輝
清水 淳高井 亮成千葉 雅司中村 由布紀野曽木 尊之橋本 崇浩山本 英司

「成功は一日で捨て去れ」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
伊藤 将英
 

 今回は、以前ご紹介させて頂いたファーストリテイリング会長兼社長 柳井正氏の「一勝九敗」に続く書籍として、「成功は一日で捨て去れ」という書籍をご紹介させて頂きます。

 今回の書籍は、柳井氏が一度社長を辞め会長となったが、ユニクロの業績が振るわないため、再び会長兼社長として現場に復帰し、第二創業期を迎えた経営者の悪戦苦闘の日々を描いた書籍です。今のユニクロが出来上がるまでに数々の課題や問題を乗り越えてきたことがわかりますし、会社経営に関して参考にできる考え方が紹介されていますのでぜひご一読頂ければと思います。

 私がこの書籍の中で印象に残った部分をご紹介いたします。
会社は誰のためにあるか?

 現在の若手経営者に「会社はだれのものか」という問いを投げかけると、決まって「株主のため」と答えたりする。非常に教科書的な答えだ。「社員のため」という答えも本質的ではなく、おかしい。やはり会社は「お客様のため」に存在するのが本質だ。株主のためや社員のため、もっとひどいのは経営者のため、そんなことはあり得ない。会社というのは、お客様に商品を売り、サービスを提供して、それに対しお客様がおカネを払ってくれる、収益という見返りを得る受益者である。そこにこそ会社の役割と意味があると思う。株主のためでも社員のために存在するものでない。

成功の方程式など存在しない
 仮に成功の方程式のようなものがあって、あらゆる現象を分析してそれを作れたとしても、一瞬の間に周りの状況が変わるので、その方程式もすぐに使い物にならなくなる。つねに現実で起きていることを自分の感性で見て判断し、かつ論理的・分析的に進める。その2つの総和と統合が必要なのだ。我が社には、成功の方程式なるものはまったくないばかりか、現場主義を徹底的に磨きこむという地道な作業が尊ばれる。社員ひとりひとりがもっと良く深く考えて、すぐに実行していくという経験値の積み重ねのようなものが、現状のブレークスルーにつながっていく。よく、机上の空論で、いろいろなことを分析したり論理的に考えたりするけれども、それが上滑りすると、結局ブレークスルーはしない。感情の生き物としての人間である社員が、苦しんで、苦しんで、その挙句に最終的にやっとブレークスルーするものなのだ。

 今回の書籍を読んでいて感じたことは、まず上記のようにお客様の目線で服や店作りがされていることが感じられました。会社経営をしていく中で、誰かしらのお客が必ずいるはずであり、そのお客様の要望に答えていかなければ会社の業績はよくならないと思うので、お客様の立場に立って経営していくというのはとても重要だと感じました。また、実行していくことの大事さが感じられました。物事を頭の中で考えているだけでなく、その考えを失敗してもいいから実行し、行動に移していくことが次に繋がっていくのではないかと思います。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.