税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久石堂 雄太伊藤 将英金田 好正北村 光宏佐藤 忠輝
清水 淳高井 亮成千葉 雅司中村 由布紀野曽木 尊之橋本 崇浩山本 英司

「成功は一日で捨て去れ」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
金田 好正
 

 今回は株式会社ファーストリテイリングの社長兼会長である柳井正氏が書かれた「成功は一日で捨て去れ」という本をご紹介させていただきます。この本はユニクロの成功と失敗を通じて、柳井氏の経営に対する考え方やスタンスを理解することができる一冊です。
その中から企業を存続させていく上で、いつの時代も必要であると思われる考え方がいくつかありましたので、ご紹介させていただきます。

その1 2006年柳井氏の新年抱負より
 「世界一の実現。現場、現物、現実。世界一のユニクロ、ファーストリテイリングを実現する。その為に現場、現物、現実から全社員のすべてが始まり、全ての仕事の終結点も現場、現物、現実であるべきだということです。なぜなら、我々のすべての仕事はお客様のためにあるからです。」
 
 業績不振になってくると仕入単価の見直しや人件費の圧縮など、コストカットに目がいきがちになりますが、そんなときほど案外お客様が見えなくなり、結果として更なる販売不振を招く結果になることも少なくありません。やはり大事なことは誰のために仕事をし、その仕事を成功させるためには何が必要であるかという考え方のサイクルを常に意識することではないでしょうか。そのヒントは現場、現物、現実に必ず潜んでいるはずです。
 
その2 先入観が商売の邪魔をする
 「何でもそうだ。「この商品は売れないなぁ・・・」で会話が止まってしまう。爆発的に売れるずっと以前のヒートテックもそうだし、ブラトップもそうだった。どうしたら売れるようになるのか、商品と売り方について改善・改良の余地はいくらでもあるはずだ。売れるようになるまで試行錯誤を繰り返すべきなのだ。」

 現在の多嗜好の世の中では商品の寿命を長期間維持させるのはとても困難です。ですが、安易に商品を作ったり、安売りに走るようではますます企業の寿命を縮める結果となってしまいます。大切なことは社員の一人一人が改善や改良しようという意識を常にもち、かつそれらのアイデアをスピードをもって実現することです。仮説と実行の繰り返ししか企業継続の道はありません。

 この本は出口の見えない不況を打破するための考え方を、改めて教えてくれる一冊です。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.