税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久石堂 雄太伊藤 将英金田 好正北村 光宏佐藤 忠輝
清水 淳高井 亮成千葉 雅司中村 由布紀野曽木 尊之橋本 崇浩山本 英司

「加賀屋のこころ」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
石堂 雄太
 

 「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」30年間連続総合1位を死守してきた、人間大事の経営を行ってきた加賀屋の魅力をとりあげた本をご紹介いたします。
 加賀屋は石川県七尾市和倉温泉の筆頭旅館の地位を占め地上20階、約1,300人を収容人員をもつ全国最大級の温泉旅館であります。

 そんな加賀屋ですが、ここにくるまで決して平坦な道のりではなかったようです。2007年3月25日石川県の能登半島地震に襲われ、約1ヶ月の休業を強いられたのです。

 休業になるということは収入が入ってこないことに加え損壊した建物内装など様々な修繕や、労働者の生活を守る為に休業手当を支給するなど経営的にかなり圧迫されました。ただそんなピンチという状況でありながら、その休業期間をチャンスと捉えたということです。
ではどのように考え、またはどのように行動しチャンスと捉えたのか。

  よく経営とはヒト、モノ、カネ、情報を扱うと言いますが、ヒトを扱うのも人。モノを扱うのも人。カネも情報も全て人が扱うということから、「人」が重要であるいうことです。そういったことからサービスのレベルをあげるべく休業は教育のチャンスと捉えたようです。
調理師は寿司の名店で修行をし、ある人は一流ホテルで修行をするなど。そして客室係は講演や異業種のプロからの研修を受けるなどそれぞれがレベルアップを図っていくなど、手をもてあますことはなかったようです。

  結果として現在に至るまで人気やサービスレベルの維持向上を出来たのだと思います。
サービス業にはふと手の空く時間があるものです。今回の加賀屋の場合は広い意味での手が空くということでありますが、もっと狭く見ればサービス提供時における空いた時間などです。サービス業には狭義の意味でも広義の意味でもこのふと空いた時間に何が出来るかがキーポイントとなってくると思います。

  集客するための方法を模索しておき、その空いた時間を利用し、販売促進活動をするのか、あるいはお客様満足度を高めるべく何か行動に移すのか。何を行動に移すのかはそれぞれ企業の経営戦略、経営戦術などによるとは思いますが、とにかく空いた時間を最大限利用することが大事ではないかと思います。そうすることでムダだと思われた雇用も確保される可能性も出てきますし、経営が少しでも上向いていくのではないかと感じさせられました。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.