税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久石堂 雄太伊藤 将英金田 好正北村 光宏佐藤 忠輝
清水 淳高井 亮成千葉 雅司土田 道太中村 由布紀野曽木 尊之橋本 崇浩
山本 英司

「すべては人なんだ」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
新井 大慶
 

 本書は現在株式会社成城石井の代表取締役である大久保恒夫氏の著書です。大久保氏は、これまで小売業の経営改革、特に利益の大幅改善においていくつかの成功事例を積み重ねてきた方で、なぜそのようなことができたのか。どのようにいくつもの成功事例を生み出してきたのかが、本書で紹介されています。

 本書のタイトル通り、大久保氏は成功の秘密は「すべては人なんだ」と話しています。「人が売り場を変え、その売り場をお客様に喜んでいただき、結果として売上と利益が上がる。だからすべては人なんだ」ということです。では、その人が売り場を変えるには、利益の出る売り場にするには、どのようにすればよいのか?
 大久保氏は利益のでる売り場は「マネジメントレベル」が高いと本書で説明しています。さらに、「マネジメントレベル」はコミュニケーションにより上げることができると続けています。このコミュニケーションは、経営者や上司などの本部と売り場の人との間のコミュニケーションを指しています。つまり、経営者や、上司がどんなに立派な経営戦略を考案しても、それが現場で実行されなければ、利益は上がらないと説明しています。現場に実行させること、これが経営者や上司の仕事だと大久保氏は話しています。では、実際にどのように現場に実行させているかと言うと、実行度を上げるための重要な要素が3つあると言います。それは
 (1)たくさん言わないこと (2)難しいことは言わない (3)言い続けること です。

 (1)については、たくさん言ってもできないからやらない。またはやりやすいことしかやらないので、成果は上がらないとも言っています。「やってもらうことを明確にしてやってもらう」これは上司として経営者としてとても重要なことだと話しています。
 (2)については、本書である皮肉が紹介されています。ある企業の本部の人で、パソコンを駆使し、高度な指示書を作成する人が、自分の指示書は高度すぎて売り場の連中はできないと自信満々に言っている人がいたというお話しですが、これでは全く成果につながらない。「少し簡単」「だから絶対にやれ。みんなやれ。すぐにやれ。」この方が実行度はあがります。レベルを落として、本来の成果の8掛けだったとしても、それだけ成果が上がるのであればその方が良いと話しています。
 (3)については、実行するまで首尾一貫して言い続ける。「あんなに言っている」「すっと同じことを言い続けている」「しょうがないやるしかないか」と思われるくらいに言い続けることが重要だと話しています。

 他にもいくつか紹介したい内容はあるのですが、上記の例だけ見ても、特殊なことをする訳でもなく、むしろ基本に近いことをされているのだと本書を読んで感じました。ただし、その基本は徹底する。必ず実行する。実行させる。基本を徹底することの大事さを改めて痛感し、私も基本の再確認が必要だと感じました。
 他にも小売業は「安売り業」ではない。とディスカウントに対する考え方も読んでいてとても面白いです。読みやすい内容ですので、短い時間で読めると思いますので、お時間のある際に是非ご一読下さい。 





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.