税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久石堂 雄太伊藤 将英金田 好正北村 光宏佐藤 忠輝
清水 淳高井 亮成千葉 雅司土田 道太中村 由布紀野曽木 尊之橋本 崇浩
山本 英司

「星野リゾートの教科書」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
橋本 崇浩
 

 今回ご紹介する作品は、軽井沢や京都で高級旅館『星のや』、また日本の各地で多数のリゾート施設を運営する星のリゾートの星野社長が、その経営にあたっていわゆる『教科書どおり』を実践することによって様々な成果を挙げている。そんなところに焦点を当てた作品となっています。

 星野社長は先代から引継ぎ社長に就任して以来、社員のモチベーションアップ・お客様に対するサービス改善・旅館やホテルのコンセプトメイクのすべてを、経営学の専門家が書いた教科書から学び、それをそのまま実践することで結果を出しているとのことです。まずはそのままその通りに実践するというところが大事で、成果が出なかったらそのときは軌道修正して戦術を調整すればよいと言っています。そういう実践方法を採る理由として、星野社長が参考にする教科書は、一定の理論として学問的に証明されたものが多く、それを根拠や基準として行動することにより、自身の決断に自信が持てる。その結果、判断にブレがなくなりリスクを最小化できるからだということです。また経営学の教科書というと大企業などに焦点を当てたものと思われがちですが、逆に中小の会社こそこの教科書どおりを実践すべきだとも星野社長は言っています。中小企業は小回りが利く分、一度方向を決めたら全体をそちらに動かせるからだということです。確かに経営が行き詰まるとき、方針を転換させないといけないときがどんな会社でも少なからずあると思います。そんなときに自分がこれだと思った理論を思い切って教科書どおりに実践してみる。そんな星野流の経営も一つだなとこの本を読んで思いました。

 最後に私の気になった部分の一つをご紹介しますが、星野リゾートでは「現場スタッフの判断の質こそが会社全体に対するお客様の評価を決める。」という考え方があるそうです。スタッフの対応力を上げ、スタッフ自身が自分で考えて動く体制を作るために、スタッフ一人一人が判断根拠を持つべく、売上・利益などの経営情報を共有したり、自分がそのとき必要だと判断したサービスを自由に行え、そのサービスの内容や範囲も現場に任せるなどかなりの部分で裁量権が与えられているそうです。これによって、スタッフのモチベーションが向上するとともに離職の減少ということにも繋がっているということです。私達が携わらせていただいている多くの会社さんで従業員の問題が聞かれます。従業員にどこまで情報を開示するかなどの幅はでてくるかと思いますが、モチベーションの上げ方など素晴らしいと思う部分も多く、この本を一つの参考にしていただければ幸いかと思います。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.