税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久石堂 雄太伊藤 将英金田 好正北村 光宏佐藤 忠輝
清水 淳高井 亮成千葉 雅司土田 道太中村 由布紀野曽木 尊之橋本 崇浩
山本 英司

「星野リゾートの教科書」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
中村 由布紀
 

 今回の書籍は、旅館・ホテルの運営会社である星野リゾートの4代目社長・星野佳路氏の経営哲学と、星野氏がどんな教科書から学んで、どんな成果を上げてきたのかが述べられています。また、具体的な事例から、教科書を経営に生かすためのポイントが取り上げられています。

 ミスを憎んで人を憎まず
 『ミスを起こした人の責任を問う』ことではなく、『同じミスを起こさない』ことが大事である。ミスをなくすには、なるべく多くのミス事例を分析し、運営システムを見直すことによって、同じミスが起きない仕組みに変えていく必要がある。だからミスを隠さず公開してもらうことが大切だ。

 社員が定着しなければ改革は挫折する
 改革は少しずつ成果を上げたが、社員が一人また一人と退職し始めた。社員が辞める理由の大半は『組織に対する不満』だった。トップダウンで改革を進めてきたが、社員は命じられて動くことに疲れていた。社員は不満を募らせていたが、主張する場がなかった。

 会社に残すべきは経営者の姿勢
 経営者にとって、事業を伸ばし、収益力を高めるのは、もちろん大切な役割である。
 だが、経営者が一番大切にしなければいけないのは、お金ではない。それは品性である。
 成功を目指して全力を尽くしても、様々な条件が絡み合い、そこには運の要素も含まれている。誰もが事業を成功させ、後継者に対して多くのものを残せるわけではない。

 星野流・教科書の生かし方で、『理論をつまみ食いしないで、100%教科書通りにやってみる』とあります。
 成功の法則はひとつではないと思いますし、たくさんの成功者がいる中で、自分に合うやり方・合わないやり方があると思います。
 しかし、合うと思ったやり方で成功している人の教科書に書かれている内容は、自分に都合よい部分だけをつまみ食いするのではなく、100%やってみて、初めてその成功のプロセスが理解できるのではないかと感じました。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.