税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久伊藤 将英金田 好正佐藤 忠輝高井 亮成千葉 雅司
土田 道太中村 由布紀野曽木 尊之橋本 崇浩山本 英司

「しまむらとヤオコー」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
千葉 雅司
 

 「ファッションセンターしまむら」と「食品スーパーヤオコー」。私にとっては物心ついた頃から身近にあった馴染みのある店でした。しかしながらそれは埼玉県西部に住まう人間だったから。あくまで一地方のローカルな企業だったはず。それがいつの間にか東証一部の上場企業となり、とりわけしまむらファッションの「しまらー」は全国区の社会現象となってしまいました。

 聞けば両社共に埼玉県小川町が創業の地であるということ。池袋から東武東上線に乗れば終点の町で 池袋からだいたい70キロ、電車で1時間と少しくらいの人口せいぜい3万人程度の町。そんな町から東証一部の企業が2つも生まれるのだからすごいことと思います。

 両社の経営スタイルは一見全く異なり、しまむらは社員の中から社長を輩出する社風で、徹底したマニュアル重視。ヤオコーは、同族経営で、店長やパート社員に権限を与えて任せる社風。

 この2つの会社の強みはなんでしょう。当著を読みながら考えてみるとこの2つの会社の共通する強みは、まずは自分たちの商圏の特性をしっかり把握していること、その上で、地場に根付いた安定感と良質なパート労働力を巧に取り入れて、落ち着きのある店舗運営をしてきたこと、その一方で新たな開拓には貪欲で粘り強く時間がかかってもそれを継続できていることではないかと感じた。

 かつて両社とも総合スーパー化を諦めた経緯があり、当時はやむない判断だったかもしれないが、本業に専念しそれに忠実であること、そのことを徹底することで活路を見出した両社だと思います。埼玉県狭山市で、ヤオコーが残り、カルフールが撤退したのも要因はその辺にあると感じます。

 また、企業や経営者の資質は有事の際にこそ際立つといいます。物流システムの効率化には定評のあるしまむらでありましたが、東日本大震災では全店舗の4分の1が被災しながら猛スピードで復旧、まだ寒かった被災地の消費者に防寒衣料を届け、それを実証しました。年間延べ10万台のトラックを使い、常にルートを組み替えながら店舗間で商品を移動させているといいます。

 世間の嗜好は次々と変わっていくなかで、現在は、「日本一の食品マーケット」を標榜するヤオコー、郊外の立地に絞り込んでターゲットを明確にしているしまむら、次の展開を興味をもって見ていきたいと思います。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.