税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久伊藤 将英金田 好正佐藤 忠輝高井 亮成千葉 雅司
土田 道太中村 由布紀野曽木 尊之橋本 崇浩山本 英司

「しまむらとヤオコー」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
土田 道太
 

 本書は、タイトルのとおり「しまむら」と「ヤオコー」という2社の地方出身の小売チェーン企業を採り上げ、この2社の歴史やビジネスの取り組み等を通じて、その成功要因を探る内容となっています。
 本書ではこの2社の主な共通点と相違点を下記の様に紹介しています。

 <共通点>

  1. 地方出身であること。
  2. 売上や出店数が右肩上がりを続けていること(売上成長率は10〜15%)。
  3. 店舗の大型化と品揃えの総合化を目指すも断念し、特化型に方向転換していること(カテゴリーの絞り込み)。
  4. 今でも新興企業としての態度を保持しながら、ひたむきに企業努力を続けていること。

 <相違点>

  1. 事業承継の方法が異なること(ヤオコーは同族関係者が承継。しまむらは血縁関係に関わらず経営理念による承継。)。
  2. 現場(店舗)の運営方法が異なること(ヤオコーは現場に権限を委譲する分権的経営。しまむらは完備されたマニュアルによる標準化・本部主導の集権的経営。)。
  3. パート社員の仕事の仕方が異なること(ヤオコーは自主的判断が求められる。しまむらは割り当てられた仕事を分刻みでこなす。)。

 私は本書を読んでいて、上記の相違点について単純に「もし、それぞれの判断が異なっていたらどうなっていただろう。」と思いました。本書ではそれぞれの判断に至った経緯等にも言及していますので、その結論が把握出来る部分はありますが、いずれにせよ両社共に異なる経緯を辿りながらも同じ様な成長を遂げています。特に相違点に掲げている事柄につきましては、業種業態・会社規模を問わず、どの会社様においてもそれぞれどの様に展開するかと考えられている事ではないか思われます。結果が今と異なっていれば今頃どうなっていたかという事は、「たら」「れば」の話ですし、不明確な部分なので何とも言えませんが、それぞれの会社の判断が現状の成績を残しているという事実を鑑みると、それぞれの判断がそれぞれの会社にマッチしていたという事なのかも知れません。
 事業承継の判断や現場の運営方法の判断、パート社員の仕事の仕方等、本書を通じて、参考にして戴きまして、少しでもフィードバックして戴ければ幸いと思います。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.