税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







新井 大慶飯田 敏久伊藤 将英金田 好正國田 哲郎佐藤 忠輝高井 亮成
千葉 雅司土田 道太中村 由布紀野曽木 尊之橋本 崇浩山本 英司

「心を整える。」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
野曽木 尊之
 

 本書は、サッカー日本代表キャプテンとして活躍されている、長谷部誠氏の著書となります。長谷部氏は、今どきのサッカー選手としては地味で真面目な印象を持っていましたが、まさにその通りの人で、キャプテンとして、人の先頭に立つべき人でした。

 以前は、誠という名前が古く一般的過ぎたので嫌いだったそうです。ですが、今ではその名前に込められた想いに気づき、常にこの名前を意識して行動するようになったそうです。「嘘をついてはいけない。人にやさしくできる人間になりなさい。常に誠実でいなさい。」と常に、両親や名付け親ともいうべき祖父から言われていた言葉が、「誠」という名に凝縮されていることに気づき、今では自身の判断基準・行動指針としているほど、誇りを感じているそうです。

 長谷部氏は、本書のタイトル通り、常に心を整えることを意識して、日常生活を送っています。それは、ドイツに移籍し、分刻みの予定をこなす生活を送っていた時に、稲盛和夫氏の著書に書かれていた「一日1回、深呼吸をして、必ず心を鎮める時間作りなさい。」という言葉に出会ってからでした。

 当時は、ドイツから帰国できるのは夏の約1か月と、冬の約2週間の年二回でした。この短いオフの間は、一つでも多くの用事をこなそうと、30分刻みの予定を立て、それをこなしているうちに心身ともにすり減ってしまいました。それは相手にも迷惑をかけてきたし、折角のオフなのに自分自身も疲れ果ててしまうという、逆効果となっていることに気づいたからです。

 それから、一日の最後に「心を鎮める30分」を作るようになりました。これは、電気をつけたままベットに横になり、音楽もテレビも消し、目を開けたまま天井を見つめるようにして、息を整えながら全身の力を抜いていくのです。この間、壁の模様を見てただひたすらボーッとしてもいいし、頭に浮かんできたことについて思考を巡らせてもいいそうです。大事なのは、ザワザワとした心を鎮静化することにあるからです。

 南アフリカ・ワールドカップでも「心を鎮める30分」は、続けられていました。予選を見事に勝ち残り、決勝トーナメント第一戦のパラグアイ戦での出来事でした。常日頃、心を整えることを実践している、長谷部氏ならではのエピソードがあります。PK戦にもつれ込み、パラグアイの最後のキッカーがPKを決め、日本代表の負けが確定した瞬間でした。

 チームメイト達は皆、地面に突っ伏していたり、しわくちゃに顔をゆがめていたり、腰に手をまわして呆然としている中、長谷部氏だけは違いました。負けた瞬間であるにもかかわらず、すっと立ち上がって、GKである川島永嗣のもとへ向かっていました。しかもちょっと顔がすっきりしていて、少し微笑んでいるようでした。それは、心を整えるため、何が起こっても心が乱れないよう、常に最悪の事態を想定して行動をしていたからこそ、この敗戦を受け止めることができたのです。

 この厳しい経済状況の中、失敗を恐れていてはこの状況は好転しません。長谷部氏のように最悪の事態を常に想定する必要はないと思いますが、もし失敗を犯してしまっても、ただ失敗を悔やむのではなく、そこから直ぐに立ち直り、その失敗を検証し、次に繋げて再起することが重要だと思います。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.