税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







相澤 英之新井 大慶飯田 敏久伊藤 将英金田 好正國田 哲郎佐藤 忠輝
高井 亮成千葉 雅司土田 道太中村 由布紀野曽木 尊之橋本 崇浩山本 英司

「シャパネットからなぜ買いたくなるのか?」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
新井 大慶
 

 本書は、高田社長にインタビューした内容を、著者の荻島氏がまとめたもので、日経BP社の日経ベンチャー、日経ビジネスオンラインに掲載されたものを再構築したものです。ジャパネットたかたのテレビショッピング番組は買わずともご覧になった方は多いのではないかと思います。荻島氏は本書の中で、高田社長の話し方は人の心を動かすマーケティングのセオリー通りだと解説しています。その根底は、良い商品を届け視聴者の生活を変えたいという高田社長の熱い気持ちがあってこそ。更に言えば、伝えることに対して真剣で、一切の妥協がなく、全力でアピールすることができる高田社長の人間力のなせる業だと本書を読んでいて感じました。

 本書を読み進めると、高田社長の話し方は本当にマーケティングのセオリー通り、営業マンとして当たり前の事をしているのだと感じることが多いのですが、なかなか私もそうですが、営業で伸び悩んでいる方はそれができていないのではないかと感じることが多々ありました。本書で、「営業の仕事とは自分でいいなと感じたものを人に伝えること、自分の想いが伝われば、売り上げは自然とついてくる。しかし、その想いとは売りたいという気持ちではなく、この商品は値段、機能、デザインどれをとってもお客様に必ず喜ばれるものだという信念です。売っている本人が心のどこかで、高いかもしれない、ちょっと使いにくいかも、デザインが古い、なんて気持ちがほんのわずかでもあると売れないのです。」と解説しています。まさにその通りだと感じました。売っている本人がそう感じるということは、お客様もそう思っているということ。それでは、なかなか購入に結び付くことが難しくなります。この場合のやるべきことは一つだと続けて解説しています。それは、「その商品やサービスに自分がほれ込み、絶対に売れる!と自分で信じられるまで、研究すること」です。ひとつの商品を研究しつくし、その商品の魅力を最大限自分自身で引き出し、その想いが伝われば結果には結び付く。結果が出なければ、まだまだ商品の魅力を引き出す努力が足らない、若しくは伝え方を工夫しなければならない。この努力がまだまだ自分自身足りていないのだと痛感しました。

 また、意外ですが高田社長は話下手だと、本書で紹介しています。これは高田社長のご謙遜かもしれませんが、それでは、何故あれほどまで視聴者の心を動かせるような話し方ができるかというと、やはり商品の魅力を伝えようとする情熱からだと感じました。本書でも、高田社長は原稿などで作られた言葉を使わない。うまくやろうと格好をつけようとしない。と説明しています。格好よく、うまい言葉を使いながら説明しようとすると余計な事を考え必ず緊張してしまう。そうすると、本当に伝えたかったことが上手く伝わらなくなる。それでは本末転倒になってしまうということです。身振り手振りで格好悪くてもよいから、情熱をもって、良いものとして伝えるべきことは伝える。それを使命感として私自身今後仕事にも生かしていきたいと強く感じました。

 他にも良い内容、参考になることたくさんありますので、お時間のある際にでも是非ご一読下さい。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.