税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







相澤 英之新井 大慶飯田 敏久伊藤 将英金田 好正國田 哲郎佐藤 忠輝
高井 亮成千葉 雅司土田 道太中村 由布紀野曽木 尊之橋本 崇浩山本 英司

「ジャパネットからなぜ買いたくなるのか?」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
土田 道太
 

 本書は、ライターの荻島央江氏が「ジャパネットたかた」の高田明社長へ行ったインタビュー記事を中心に描かれている本になります。「ジャパネットたかた」と言えば、テレビショッピングでの高田社長や社員の方々の快濶で分かり易い商品説明が印象強く残っています。
 本書では「話す」「見せる」「考える」「実行する」「積み重ねる」「人を育てる」の各ブロックに分けて高田社長の考えや想いが描かれています。また Q & A 方式で質問に答えているコーナーもあり、自分が高田社長の立場で考えてみるのも面白いかも知れません。

 本書の中で高田社長が考える商品の売れ行きを決めるものとして「信念」「研究」「伝え方」を挙げています。「信念」とはこの商品はお客様に喜ばれるという「想い」、「研究」とはこれなら売れるという信念の基にその商品の魅力を探す事、「伝え方」とはその商品をについて相手に「伝わる」様に工夫する事と描かれています。この 3 つは全て大事な要素でありますが、私はこの中でも「信念」を「伝え方」が大事であると思います。
 「信念」はあらゆるビジネスの根幹を成すものではないのでしょうか。「全てはお客様の為に。」ビジネスモデルの違いはあれども、この想い無くしてビジネスは成り立たないと思います。 また、「伝え方」については本書にて高田社長の様々な創意工夫が紹介されていますが、それ以外にも「伝える」と「伝わる」の相違にも言及しています。「伝える」は自分の考えを相手に話したりする事に対し、「伝わる」は相手にその言葉や想いが理解され、気持ちや行動に変化を齎す事と描かれています。自分の知識や想いを如何に相手に分かって貰うか、その為にはどうすれば良いか。相手に伝わらなければそれは「伝えた」という単なる自己満足にすぎず、ビジネスでは何にもならないことになってしまうのではないかと思います。
 自分の立場に置き換えて考えてみればこれらの大事さは痛感させられる所です。

 本書ではまた「作業」と「仕事」の相違にも言及しています。「作業」とは言われたことを熟す事であり、「仕事」とは創意工夫を施して完成度を高める事と描かれています。私は上司から全く同じ事を言われました。上司は常に「お客様の為に」という信念を持たれている方である為、その信念が感じられない私に対する苛立ちや情けなさがあったのではないかと思います。私は今までその様な「作業」しか出来ていなかった自分自身に対し情けなさを感じましたが、それと同時に「仕事」を強く意識付けて下さった上司に感謝し、同じ過ちを繰り返す事のない様に肝に銘じた次第です。

 他にも本書では高田社長の「想い」を随所に感じる事が出来るのではないかと思いますので、是非御一読戴きまして、それを感じ取って戴ければ幸いです。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.