税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







相澤 英之新井 大慶飯田 敏久伊藤 将英金田 好正國田 哲郎佐藤 忠輝
千葉 雅司中村 由布紀野口 由雅野曽木 尊之橋本 崇浩堀切 牧子三橋 美香
山本 英司

「采配」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
新井 大慶
 

 中日ドラゴンズに、栄光をもたらした落合監督の書です。野球に限らず、指導者の観点でチームを勝利に導くための、まさにタイトル通りの采配についての解説がのっています。
  本書の初めの方では、プロとは自立型人間であり、“孤独に勝てなければ、勝負に勝てない”と落合氏は言っています。これは本当にそのとおりだと思います。人生とは本来孤独なものであり、生い立ちや、生き様も人様々。何一つ違わない人生などあり得ないのですから正解が何かも正直わからないものです。人生の先輩や、家族に助言をいただいても最終的に覚悟を決め、判断、行動に移すのは自分自身です。誰かに責任を擦り付ける訳にはいきません。その強さを持つには、時として孤独への覚悟は必要なことだと思います。
 ただ、一方54ページあたりには“一流には自力でなれるが、超一流には協力者が必要”ともあり、これもそのとおりだと思いました。その時々で様々な周囲の環境があるかと思いますが、私自身ありがたい事に自分の行いを叱咤激励していただいたり、助言をいただいたりすることが多々あります。そのような環境が恵まれていると感謝すると共に、その中で自分ができること、すべきことは何かを見つけ日々精進していくことが超一流の道へなるものと感じています。

 また、面白いと感じたことが、 192ページで最近、マスコミなどはチームリーダーなどというポ ジションを勝手に作り上げてしまう傾向にあるが、 “チームリーダーという存在によって、競争心や自立心が奪われていくことは、組織においてはリスク以外の何物でもない。”そして「あの人についていけば」とか「あの人を中心に」といった心理が“勝負のかかった場面での依存心”となると言っています。チームリーダがマイナスになる場合もあるという解釈ですが、今の時代経営者以外のリーダーを作る、リーダーを育てることが戦略として大事になるものと思っておりましたが、あまりそのリーダーに依存させ過ぎるのも良くないのかなと本書を読み、いろいろと難しいなと感じました。

 最後に、本書を読み進めるとオレ流、オレ流と言われている落合氏が実は非常にオーソドックスな事をしていたことがわかります。本人も言っていますが、プロ野球で勝つために出来る最善の事をしているだけなのです。それは落合氏のオリジナルではなく、模倣の結果なのです。偉大な監督たちの采配の模倣をしていたのです。落合氏の素晴らしい所は、それらの模倣を自分のものとし、自分のものに仕上げてきて成功した所です。私たちは先人たちの積み重ねの結果、今の世を生きています。時代による環境の変化等もあり、オリジナリティーを求められる昨今ではありますが、大事な基礎の部分はやはり先人たちの経験の模倣から始まるのではないかと感じました。それらの模倣を自分のものとし、新たなものとして確立することは容易ではありませんが、大事なことを無視して何かを始めても上手くいかないのではないかと実感しました。

 他にも多々参考になるところがり、とても読みやすい本です。是非ご一読下さい。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.