税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







相澤 英之新井 大慶飯田 敏久伊藤 将英金田 好正國田 哲郎佐藤 忠輝
千葉 雅司中村 由布紀野口 由雅野曽木 尊之橋本 崇浩堀切 牧子三橋 美香
山本 英司

「采配」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
飯田 敏久
 

 中日ドラゴンズの落合前監督については、現役時代から自分の考えを持ち、自分のやり方で超一流を維持した選手として、その印象が強く残っています。

 落合前監督については、以前テレビでのインタビュ‐に出ていた時に興味深く見ましたが、その時に言っていた事が、「選手1人1人が自分で考えられる選手になって欲しいこと」「監督の顔色を見ながらプレ‐をする選手になって欲しくないこと」でした。それらの考え方が、この本にも書かれていました。

 この本でまず言っていることは、選手はグランドで結果を出すためにはどうしたら良いかを1番に考え、そのためにはどうしたら良いかを自分たちで考えられなければいけない。指導者はその選手の向いている方向が間違っている時に、正しい方向に導いていくのが役目である。

 そのため選手は、キャンプでは練習以外は全くの自由であり、特に若い選手については1人で過ごす時間が長くなっている。これは、グランドで結果さえ残してくれればいいとの考え方からですが、自分の時間は1人で過ごしたいのに、グランドでは「どうすればいいですか」「何か指示を出してください」「これで間違っていませんか」と自分1人では決められない選手が増えている。一般社会においても同じようなことがあると思いますが、基本的には、自分で考え、自分で判断し、行動出来なければ一線では通用しません。

 選手を育てる時に、選手にはミスを恐れずにプレ‐することが求められる。ミスをした時は、ミスの原因を冷静に分析し、次に同じようなミスを繰り返さないように仕向けていくのが指導者の役目です。ミスをしたことにより1番怖いのは、同じミスを繰り返さないようにと思いすぎて無難なプレ‐しかしなくなることです。何も反省せずに失敗を繰り返すことは論外ですが、失敗を引きずって無難なプレ‐しかしなくなることも成長の妨げになってしまいます。「ミス」と「手抜き」とは全く違います。自分の出切る事をやらなかった時が「手抜き」であり、一般社会に置き換えれば、取引先との約束の時間に遅れても、連絡をしなかった。このような注意しなければ気づかないような小さなものでも「手抜き」を放置すると致命的な失敗につながります。

 最後に、組織を統括する立場になった者は、まず部下たちに「こうすればいいんだ」という方法論を示し、それで部下を動かしながら「やれば出来るんだ」という成果を見せることが大切です。重要なのは、自信をつけさせ、それを確信に変えてやること。「あの人の言う通りにやれば、出きる確率は高くなる」と上司の方法論を受け入れるようになれば、組織の歯車は目指す方向にしっかりと回っていくはずです。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.