税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







相澤 英之新井 大慶飯田 敏久伊藤 将英金田 好正國田 哲郎佐藤 忠輝
千葉 雅司中村 由布紀野口 由雅野曽木 尊之橋本 崇浩堀切 牧子三橋 美香
山本 英司

「采配」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
伊藤 将英
 

 今回は、中日ドラゴンズ元監督の落合博満氏の「采配」という書籍をご紹介いたします。
今回の書籍は、落合氏が中日ドラゴンズの監督時代にどんなことを考えながらチームを率いていたのかを66項目の言葉にまとめた書籍となっています。

 この書籍からは全体を通して、書籍の冒頭に書かれてあるように『どんな局面でも、采配というものは結果論で語られることが多い。采配の是非は、それがもたらした結果とともに、歴史が評価してくれるのではないか。ならばその場面に立ち会った者は、この瞬間に最善と思える決断をするしかない。』というように、監督としてのチームに対する責任や他に流されない考え方とそれを実行する力が感じとれます。

 私が今回の書籍を読んで感銘を受けた部分をご紹介いたします。

「大きな成果を得るためには、一兎だけを追え」
 レギュラーになれるチャンスが目の前に転がっている時は、他のすべてのことを忘れてつかみ取りに行かなければ、絶対に手にすることはできない。ビジネスマンでも同じような境遇に置かれることがあるはずだ。そこで自分の仕事に没頭できるか。それとも普段と変わらぬ取り組みでチャンスを逃すか。あるいはチャンスだということさえ見逃すか。
 古臭いことを言っていると思われるかもしれないが、社会の考え方が変わっても、社会人として台頭するためのプロセスは変わっていない。そして、これからも変わらないだろう。

  自分の目標を達成したり、充実した生活を送るためには、必ず一兎だけを追い続けなければならないタイミングがある。 進学や資格取得のための勉強、昇進を見据えた仕事のスキルアップ、独立を目指して青写真を描く時期。それだけに没頭して首尾よくものにできれば、また新たな道の開けてくる。だからこそ、大きな成果を得るためには、何かを犠牲にすることもあるという覚悟をしておきたい。

 ここで感じたことは、仕事でもプライベートでもそうですが、自分の目標としていることを達成するためにはいろいろなことに手を出すのではなく、一つの目標を達成するために自分の時間を集中し、考えているばかりでなく、行動していくことが大事だと感じました。

 最後に、野球に限らず会社を経営していく中で参考になる部分が多く書かれていると思いますので、是非ご一読ください。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.