税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







相澤 英之新井 大慶飯田 敏久伊藤 将英金田 好正國田 哲郎佐藤 忠輝
千葉 雅司中村 由布紀野口 由雅野曽木 尊之橋本 崇浩堀切 牧子三橋 美香
山本 英司

「采配」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
國田 哲郎
 

 今回の書籍は前中日ドラゴンズ監督の落合博光氏の著作「采配」です。
 野球監督という職業を通じて一般のビジネスマンにも通ずる仕事の考え方やリーダー論など様々な角度から、御自身の体験を通して展開されていきます。
 私がこの書籍を読んで、心に残った部分を御紹介いたします。
 それは『向上心よりも野心を抱け』という部分です。
 最近の選手は、評価されていていても、向上心はあるが自身を過小評価しすぎてしまい、今一歩大きく活躍できないでいるようです。このことについて、落合氏は「自分が身を置く世界を太く長く生き抜いていきたいと思っているのなら、向上心よりも野心を抱くべきだと思う。向上心よりも『レギュラーの寝首を斯いてでもポジションを奪ってやろうと』心に秘めるのが一流への近道になる。野心を抱けば自分の周りの世界が見えるようになる。」と述べています。
 これはビジネスにおいても、同じことが言えるのではないでしょうか。経営者の皆さまの立場からいえば、自分の業界でトップまで上り詰めるんだという野心と、自分がもっといい経営者となって現状よりも成績をあげたいという向上心とでは、これから自分が実践していくべき目標やその結果の差は歴然でしょう。結局は自分の心の一念の差で勝負が決まってしまうのです。
 野心とは要するに、向上の心の一念が定まっている、絶対的な腹が決まった状態だと思います。
 私もこの部分を読んで、向上したい心はあるけれども、野心と呼べるまでの目標や一念が定まっていないではと思わされました。
 また、「ライバルとの競争に勝ち、看板選手としてペナントレースに勝たなければ、本当の一流にはなれない。ならば、自分を高めようという意欲の上に、『どんな相手が目の前に現れても、必ず俺が蹴落としてやる』という野心が必要なのだ。」とも述べております。

 この部分はどんなライバルや困難な障害があろうとも、決めたことは必ず実現させるのだという強い心が、野心に通ずるものではないかと思います。
 ひとたび心を定めたならば、行く途上にどんな困難や波浪があっても、必ずそれに向かっていくところに、自分は経営者としての何をすべきか、このタイミングでどういう手を打つべきか、今後どういう方針で進むべきか、という一つ一つの意思決定や考え方に大きな差がでるのは間違いありません。
 この飛び抜けた向上心、いわゆる野心をもって日々努力や挑戦または思索を繰り返している企業が成功しているのではないでしょうか。
 この心の定め方を今後の成功のために私も是非参考にしたいと思います。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.