税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







相澤 英之新井 大慶飯田 敏久伊藤 将英金田 好正國田 哲郎佐藤 忠輝
千葉 雅司中村 由布紀野口 由雅野曽木 尊之橋本 崇浩堀切 牧子三橋 美香
山本 英司

「采配」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
山本 英司
 

 選手時代と監督時代の両方で活躍を見せた人物であり、選手時代は史上最年少(当時)での三冠王達成や、王貞治やランディ・バースに続く史上三人目となる2年連続三冠王などの数々の記録を樹立した元プロ野球選手&元プロ野球監督が落合博満氏であり、今回紹介する本の著者でもあります。

 どんな道でも成功を収めるためには、ある種の才能が必要です。自分自身を適性のある世界に導く才能とでも表現すればいいのか、セルフプロデュースする能力が必要なのではないでしょうか。組織においてはどうしても使う側と使われる側に考え方の違いがある以上、頑張っているつもりでも評価されなかったり、上司との人間関係に悩まされることはあるはずです。自分には何ができるのか正しく認識し、できないことはできるように努力し、できるようになったら質を高めていく。こうやって段階を踏みながら仕事に取り組めば、次第にその仕事は自分に合っているのか、あるいは別の分野で頑張っていくべきなのか、客観的な視点でも判断できるようになり、仕事を通して知り合った人の助言も得ながら、自分の進むべき道を模索してみるのがいいと思います。

 どうすれば成功するのか、どう生きたら幸せになれるのか、その答えがわかれば人生は簡単だ。しかし、常に自分の進むべき道を探し求めることすなわち自分の人生を「采配」することにこそ、人生の醍醐味があるのだと思う。人や組織を動かすこと以上に、実は自分自身を動かすことが難しい。それは、「こうやったら人にどう思われるのか」と考えてしまうからである。だからこそ、「今の自分には何が必要なのか」を基本にして、勇気を持って行動に移すべきだろう。とは巻末の著者の言葉です。落合博満氏の名言で『信じて投げて打たれるのはいい。信じて投げて打たれたのなら、それは結果。一番いけないのは、やる前から打たれたらどうしようと考えること。』という言葉あります。一番大事なのは、失敗を恐れずに行動することと勝負をするまでのプロセスだと思います。

 この本の面白いところは、監督(経営者)としての目線だけでなく、選手(従業員)としての目線でも読めるところです。自分自身をどのように「采配」するのかは、各々の立場や役割によって違ってきますが、ある場面で最善の決断をするために必要な準備、考え方のヒントがたくさん詰まった本だと思います。従業員の方にも読んで頂ければ幸いです。 





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.