税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







相澤 英之新井 大慶飯田 敏久伊藤 将英尾崎 鉄朗金田 好正國田 哲郎
佐藤 忠輝千葉 雅司中村 由布紀野口 由雅野曽木 尊之橋本 崇浩堀切 牧子
三橋 美香山本 英司

「儲けの9割は「値決め」で決まる!」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
新井 大慶
 

 本書は、現場改善のコンサルタントを中心として活躍していた著者が、原価管理、値決めが企業内でおろそかにされている現状を目の当たりにしたのをきっかけに、収益改善のコンサルタントへと軸足を移す様が描かれています。様々な企業の値決めに関するエピソードが満載でとても興味深い内容でした。

 エピソードとともに具体的な話しがいくつかあり、その一つの例として、せっかく現場の効率化で生産コストを下げたにもかかわらず、営業マンが自身の判断で勝手に値下げをし、さらにその事実を経営者や管理職の人間が知らなかったという話しがありました。最終的には原材料の価格の高騰等もあり、売価の見直し、取引先に値上げ交渉をし、業績回復に至った経緯が書かれていました。昨今売上単価が不況の影響もあり毎年のように下がり続けているという話しをよく耳にします。しかし、実際はこの事例のような事が起きていたり、適正な価格での交渉が十分にできず、得意先の要求に応じてしまっているケースなどはよくある話しであり、そのままで経営を立て直すのは非常に困難であると実感しました。

 正直私自身、小売り、物販には関わったことはないので値決めに関しましては全くの素人ですが、よくスーパーなどであまりに安い品物を見たときここまで下げて大丈夫なのかと思うことがよくあります。そんな状態で読み進めていたのですが、本書で述べられていた下記「裏の売価」の6条件はとても参考になりました。

  1. スペック・・・ 製品の仕様、商品やサービスの内容に応じた売価設定はされているか
  2. サービス・・・ 有償か無償か
  3. 数量  ・・・ 注文量とコストが見合っているか
  4. 時間  ・・・ 時間を「お金に」換えているか
  5. 値引き ・・・ 経営者は値引きを把握しているか
  6. 現物  ・・・ 預かり品は放置されたままでいないか

 簡単に上記解説を入れましたが、詳細は是非本書の解説で確認をしていただきたいと思います。

 デフレが長く続く現在、自社の商品、製品、サービスに自身を持ち、よい商品等を世に広めていくためには極端に値上げという訳ではありませんが、「値決め」について今一度見直しを進めるための一助となる本かと思います。とても読みやすい本ですので、お時間のある際に是非ご一読下さい。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.