税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







相澤 英之新井 大慶飯田 敏久伊藤 将英尾崎 鉄朗金田 好正國田 哲郎
佐藤 忠輝千葉 雅司中村 由布紀野口 由雅野曽木 尊之橋本 崇浩堀切 牧子
三橋 美香山本 英司

「儲けの9割は「値決め」で決まる!」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
中村 由布紀
 

 今年も残りあとわずかとなりました。振り返ると、どんな一年だったでしょうか?
 年初には、今年こそ日本は明るい話題に溢れているかと皆期待をしていたと思いますが、
大手家電メーカーの衰退、リストラなどまだまだ厳しい状況が続いているようです。
 景気が悪いと言っても、全ての企業が苦戦しているわけではありません。こんな状況でも順調に業績を伸ばしている企業の秘訣とは何か?いろいろあるとは思いますが、この書籍は商売の基本中の基本、きちんとした「値決めのルール」に焦点が当てられています。

 利益が出なければ、雇用も品質も安全も守れない
 儲かっている会社は、儲かる製品をとことん売り伸ばしているのに対して、儲からない会社は、儲からない商品を、いわば何もせずにずっと売り続けています。
世の中には、儲けることに対して罪悪感をもっている人が多いように感じます。しかし、ビジネスは、キレイごとでは済みません。利益が出なければ、雇用も品質も安全も確保できないのです。

 設計代金は別途請求がいい
 「サービスしておきますね」「無料で結構ですよ」と言って、「お客様に請求できない」という消極的理由で、料金を請求しないことで利益を圧迫している会社が実に多い。
 設計はしたものの結局、機械装置本体の受注はできず、お客様の都合で発注ストップ。そうなると、設計にかけたコストはすべてムダになります。
 設計代は本体価格と切り離し、別途請求するほうが賢明です。そうすることによって、設計代を取り損ねるリスクを軽減できます。

 お客様の反発を受けるのは当たり前
 「価格を上げさせてください」とお客様に言えば、反発を受けるのが当たり前です。多くのお客様は、自社の利益が損なわれる値上げなどは、受け入れられず、下手をすれば、「もう取引しない」と宣告される可能性もあります。
 トップは、交渉決裂となり、さらにお客様から「取引停止」を宣告される最悪の状況を想定し、そのピンチを切り抜ける方策にめどをつけておかなければなりません。そうすれば、腹を据えて営業マンを送り出せますし、営業マンも自信を持って交渉に臨むことができるのです。

 値下げしなければ売れない商品やサービスを扱うことはやめる、価値あるものを安易に値引きしない。改めて考えれば当たり前のことですが、多くの会社が忘れてしまっていることだったのではないでしょうか。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.