税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







相澤 英之新井 大慶飯田 敏久伊藤 将英尾崎 鉄朗小田切 隆明金田 好正
國田 哲郎佐藤 忠輝千葉 雅司中村 由布紀野口 由雅野曽木 尊之橋本 崇浩
堀切 牧子三橋 美香山本 英司

「「段取り」の鉄人」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
伊藤 将英
 

 今回は、四川飯店の陳建一氏の「段取りの鉄人」という書籍をご紹介いたします。
今回の書籍は、陳氏曰く「どんな職種、どんな業界にせよ、仕事をすることの基本にはすべてに「段取り」があると僕は思っている。「いつまでに、こういう形で仕上げる」とか、「いつまでに、その仕事を終わらせる」という目標は必ずあるはずだ。それを本当に時間内に達成しようと思ったら、何はさておき、絶対に「段取り」を組むだろう。」
 本書は、個人の仕事の段取りから、チームの仕事の段取り、人の育て方、会社経営や危機管理まで、段取りについて多岐にわたって書いています。急なときにどう対応するか、どういうところまで思案して考えなければいけないかなど、段取りを考える際に必要な心構えなどの大切な段取りのポイントについて触れています。

 私が今回の書籍を読んで感銘を受けた部分をご紹介いたします。

 「究極の段取りは、瞬時に反応すること」
 料理において段取りは非常に重要な項目だが、その段取りをどうやって身につけたらいいかというと、「考える」ことだ。長い経験から身につく段取りもあるだろうが、それより早く習得するには、考えることが欠かせない。
この「考える」というのは、机に向かって「うーん」と腕を組んで考え込むばかりではない。特に調理場という場所での仕事についてであれば、そんなことをやっている暇はないというのが実情だ。一瞬で考える。瞬時に反応し、次の行動に移れるような意思決定ができるようになってほしいと思う。調理場の中でミスが起こってしまったからといって、その都合に合わせて作業を続けてしまったら、ベストなものを提供することはできない。だから、当初の段取りが達成できないという事態が生じた場合には、瞬時に考えて行動を切り替えていく必要があるのだ。できないものを無理に続けようとするのではなく、現状でできる最善を尽くすために瞬時にその場に適応する。その瞬時の対応というのは、経験に基づくものだと思う。失敗を繰り返すことで、「こういうミスが起こったらこうやって対応すればいいな」ということを学習し、現場でもすぐにこれを思い浮かべて動くことができる。

 ここで感じたことは、上記にもあるように、「考える」ことが大事だと思いました。どんな仕事においても、仕事を与えられてただ単純にこなすだけの作業になるとそこで考えることをやめてしまい、仕事をすすめていく中での改善や発展等が生まれてこなくなると思います。やはり自分で考え、自分なりの答えを出していくことは大事だと思いました。

 最後に、料理に限らず段取りというのはどんな業種でも共通して必要なことですので、参考になる部分があるかと思います。是非ご一読ください。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.