税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







相澤 英之新井 大慶飯田 敏久伊藤 将英尾崎 鉄朗小田切 隆明金田 好正
國田 哲郎佐藤 忠輝千葉 雅司中村 由布紀野口 由雅野曽木 尊之橋本 崇浩
堀切 牧子三橋 美香山本 英司

「「段取り」の鉄人」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
野曽木 尊之
 

 本作は、テレビ番組『料理の鉄人』で「中華の鉄人」として活躍をされていた、陳健一氏による段取りについて書かれた著書になります。料理全般に言えることでしょうが、ことさら中華料理においては、強い火力を使ってサッと炒めたりするので、食材の下ごしらえや、調味料などの事前の準備が大事となるようです。そのため、自然と段取りを考えて料理を作ることになるため、「段取り力」が身についたそうです。

 陳健一氏の父は、「中華の神様」と呼ばれていた陳健民氏になります。そのため、経営者として、二代目の様々な苦労を経験してきていますし、現在は、息子である陳健太郎氏への事業承継も控えていますので、これらの取り組みにおいて、色々と参考になることがあるのではないでしょうか。

 陳健一氏は、「立地が悪い」や「景気が悪い」はただの言い訳に過ぎないと仰っています。四川飯店池袋支店の売り上げが落ち込んでいたことから、池袋店の集中強化と売り上げの向上を図ったそうです。このようなテコ入れは、売り上げが下がったらこう対処するといった方程式は存在しないため、まずは現場を見て、その対策を練ることが大事だと言います。

 多くの場合は、スタッフの動き方やモチベーションの改善がポイントとなるとのこと。通常は、「場所が悪い」や「景気が悪い」などを理由にして売り上げの落ち込みを説明しがちですが、陳氏はそれを言い出したらおしまいだと考えているようです。そういったもののせいにする前に、自分たちに出来ることを考えるべきだと。まずは、現場を見て、関係スタッフはどうすべきかを考え、改善策を実施していくことが、結局は一番効果的だと言います。

 会社にとっては、現場・最前線の意見を吸い上げて、適切な経営判断をしていくことが大変重要で、理屈云々ではなく、ただシンプルにお客様に喜んでもらうことに尽きると言います。そのためには、お店として何ができるか、何をするのかということです。お店というのは、最終的にはお店とお客様の間の人と人とのコミュニケーションで成り立っているからです。

 こうなると大切なことは、社長である陳氏の考えを理解し、共有できて、独自に考えて動ける分身を多く育てることが重要となります。そして、要所、要所に自分の分身を配置し、組織全体に考えを共有化していくのです。経営者としては、会社の利益だけではなく、自分の分身となれる人材を、如何に多く育てることが出来るかが重要となります。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.