税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







相澤 英之新井 大慶飯田 敏久伊藤 将英尾崎 鉄朗小田切 隆明金田 好正
國田 哲郎佐藤 忠輝千葉 雅司中村 由布紀野口 由雅野曽木 尊之萩原 有香
橋本 崇浩堀切 牧子三橋 美香山本 英司

「俺のイタリアン 俺のフレンチ」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
萩原 有香
 

 「俺のイタリアン」や「俺のフレンチ」など、いわゆる“俺の○○シリーズ”をご存知でしょうか。俺のシリーズの各店舗では、ミシュランの星を獲得するような最高級レストランを切り盛りしてきたシェフ達が厨房に立ち、高級食材を使った料理を驚くべき低価格で楽しむことができます。そのお得感と、その上級の料理を“立食で”いただく、というのが話題となり、今では平日でも行列の絶えない人気レストランとなりました。

 この本は、その俺のシリーズを展開する、「俺の株式会社」の社長、坂本氏(ブックオフの創業者でもあります。)が記した本です。この本から、競争優位性を作るためには、新ジャンルの発想力とそれに挑む行動力、そして従業員を大切にする心が必要なのだと、私は感じました。

 まず、この不況の中でも賑わいを見せていた立ち飲み居酒屋と、高級レストランを組み合わせてしまうという発想力には驚きです。そして、高級食材を使った料理を安く提供するために立ち飲みにして回転率を上げるという発想が出てきても、実際は全然回転せず、赤字になる可能性も大いにあります。坂本氏も、最後は「えいや!」の気持ちがあったと言っています。でも、その「えいや!」ができると、他とは大きく差別化をはかれた店ができるのでしょう。ネット社会の今、他と何か違うものは瞬く間に話題となり人が集まります。私も常にアンテナを張って発想力を身に着け、それを行動に移す癖をつけないと、と思わされました。

 そして、料理人の個々を大切にし、それぞれの料理人が生き生きと働いてもらうことが、俺のシリーズの成功に繋がる、そういった坂本氏の考えがじわりと伝わってきます。
 坂本氏は、料理人に裁量権を与え、俺のシリーズの各店舗がお互いを意識し、切磋琢磨して競い合う環境を作り、料理の値決めという重要な場面にも、料理人に関わってもらっています。それにより、料理人は過酷な環境でもやりがいを持ち、自分の店の発展のために努力し成長するのでしょう。成功している企業の社長はよく従業員第一主義と言っている人が多いような気がします。従業員を大切にすれば利益が出る、そういう単純なものではありませんが、人を思う気持ちというのは連鎖するものです。こんな風にしてくれたから私も返せるように頑張ろう、こんな風に思われているなら別にやらなくてもいいかな、というのは日常にもよくあることなのではないでしょうか。

 この本には、ブックオフが1000店舗を超すまで成長できた理由や、坂本氏があの稲盛和夫氏に教わってきたことなども記されていて、そちらも感銘を受ける点が多いです。ぜひご興味のある方は読んでみてください。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.