税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







相澤 英之新井 大慶飯田 敏久伊藤 将英尾崎 鉄朗小田切 隆明金田 好正
國田 哲郎佐藤 忠輝千葉 雅司中村 由布紀野口 由雅野曽木 尊之萩原 有香
橋本 崇浩堀切 牧子三橋 美香山本 英司

「俺のイタリアン 俺のフレンチ」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
橋本 崇浩
 

 今回ご紹介するのは、『立飲みで高級料理でリーズナブル』という今まで飲食業界の常識を覆す仕組みで、昨年くらいから話題沸騰の飲食店『俺の〜』シリーズの創業者で、ブックオフの創業者でもある坂本孝さんがその成功への歩みについて書かれた一冊です。

そんな作品を読み進める中、様々な重要キーワードが出てきますが、私がポイントだと思った点を三つ挙げたいと思います。
 @高回転率 A数値化 B競争

 @この経営の仕組みの最重要ポイントです。高回転率なしにこの経営は成り立たないことが読み進めるうちにわかります。高回転率を維持確保することで、既存の常識を打ち破る仕組みが誕生した訳ですが、これを確保するために一流シェフという高付加価値を乗せる。そして、お客さんは美味しいものがリーズナブルに食べられる。それによりまた圧倒的に集客できるという『正』の循環がこの仕組みのすごいところです。

 Aこの数値化というのが、まさに上記@を数字に表したP31の表です。私もP31の表を見て驚きました。文中の言葉ですが、「閃いた発想をこまねいているだけで、たぶんこっち、たぶんあっちという表現だと、本当にそうなの?と疑ってしまう。アイデアは閃きだけでなく、きちんと数字で表現すること。これまでの常識に対して、数字に落とし込んだアイデアとのギャップがあるときは勝つチャンスが高いと、経験から確信しています。」 とあります。経営者の方々は、日々頭の中で会社の様々なことやアイデアを廻らしていることと思います。何かアイデアが出た際には、それを数値化し裏付けを取っていくことが、成功への重要な鍵だと感じました。

 B『俺の〜』では多くの一流シェフが集まってきています。皆がそれぞれ自身の技術にプライドを持ってやってきた方たちだと思います。そんなライバルがたくさんいる中、情報を共有化した上でそれぞれの店舗を競争させる。これにより互いの意識を高めさせることに成功しているのがこの『俺の〜』です。「あまり競争競争はねぇ」。という声も一般にはありますが、従業員そして会社の成長に必要なものとして、競争は欠かせないと改めて感じた部分でした。

 坂本さんの格言として「仕組みで勝って、人で圧倒する」という言葉が出てきます。今『俺の〜』はまさに言葉通りの展開だと思います。しかし、今の世の中のスピード感からすれば数年後この仕組みが勝ち組かどうかはわかりません。また新たなものが誕生し、廃れているかもしれません。私たちも日々変化・進化し、世のスピード感に負けないよう精進していかなくてはいけない、と強く感じさせる作品でした。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.