税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







相澤 英之新井 大慶飯田 敏久伊藤 将英尾崎 鉄朗小田切 隆明金田 好正
國田 哲郎佐藤 忠輝千葉 雅司野口 由雅野曽木 尊之萩原 有香橋本 崇浩
古川 美陽光堀切 牧子三橋 美香山本 英司

「中内功のかばん持ち」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
萩原 有香
 

 ダイエーの創業者である中内?。ローソン、リクルート、オレンジページ、アラモアナセンターなどの経営も手掛け、1988年にはプロ野球業界へも参入し、福岡ダイエーホークスを誕生させました。流通業界では初めて経団連副会長に抜擢されるなど、名実共に業界をリードする存在でした。
 この本は、その傍らで20年あまり中内氏を支えてきた恩地祥光が記した本です。恩地氏は、1977年にダイエーに入社し、1982年、秘書室への異動を命じられました。そこから中内氏のアテンダー(いわゆるかばん持ち)として中内氏に翻弄される日々が始まるのです。

 中内氏は、新しいものが好きで、時代の半歩先をゆくような人でした。今流行のプライベートブランドを最初に作ったのも、ダイエーでした。先を行きすぎで、その頃は時代が付いていけてないことも多かったようです。ワンマン経営なところもありましたが、小売業界で初めて売上1兆円を達成するまでの成長を遂げたダイエーを作り上げる中内氏の判断力・行動力は多くの経営者にとって参考となる部分があるかもしれません。

 しかし、なぜか私はこの本の中に記されている、中内氏に対する恩地氏の行動の方がとても印象深く残っています。恩地氏が、中内氏の求めていることを常に考え行動する姿勢は、とてもすばらしいです。例えば、毎朝恩地氏は中内氏の自宅まで車でお迎えに行くわけですが、早く自分を認めてもらえるように、毎朝お迎えに行く前に新聞販売店を回って各新聞を購入し、流通関係や商品開発のヒントになるような記事を切り抜きファイリングし、ベンツの後部座席に置いておきました。また、車中で「三国に西友ができたらしいな」という中内氏の独り言があればすぐに現地に出向き、歩幅から売り場面積を計算し、品ぞろえと主要品目の価格のダイエーとの比較表を作成し、中内氏に提出したといいます。財界人歌謡大会に音痴の中内氏が出席すると言い出したときには、クチパクがばれないように譜面で口元を隠させ、社交ダンスのペアを隣で躍らせて紛らわせ、歌い終わった時にはダイエーの女子社員を動員して花束を渡して場を盛り上げさせる作戦まで考えた話のときには、思わず笑ってしまいました。

 言われる前にやる、相手が求めていること以上のものを出す、中内氏に認めてもらい必要な存在となるために奥地氏がとった行動の数々は、わかっていてもなかなか出来るものではありません。この本は、カリスマ経営者中内氏の成功話、失敗話とともに、奥地氏の努力の数々が垣間見られる本です。とても読みやすい本ですので、ぜひご一読下さい。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.