税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







相澤 英之新井 大慶飯田 敏久伊藤 将英尾崎 鉄朗小田切 隆明金田 好正
國田 哲郎佐藤 忠輝千葉 雅司野口 由雅野曽木 尊之萩原 有香橋本 崇浩
古川 美陽光堀切 牧子三橋 美香山本 英司

「中内功のかばん持ち」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
橋本 崇浩
 

 

 今回ご紹介するのは、ダイエーの創業者である中内功さんに秘書などとして仕え、その傍らで中内さんの経営哲学を見てきた恩地祥光さんという方の作品です。中内さんと言えば一時ダイエーグループを連結売上高3兆円超えという日本一の商業グループに導いたカリスマ経営者で、ユニクロの柳井さんをはじめ、様々な経営者に影響を与えた人物として知られています。そんな中内さんの経営者像を、数々のエピソードを踏まえ書いている今作品の中から私が気になったところをご紹介します。

 とにかく中内さんは、自分が質・量ともに最も情報を持っていたいと思っている人だ。しかもスピード重視で、最も早く情報をキャッチしたい。この「情報」というキーワードをアテンダーとしてどのように具体化するか〜、という箇所があります。
 これに対し恩地さんがとった行動とは、中内さんが通常読む日経新聞以外の新聞を、早朝まだ駅のキヨスクが開店していない時間に各新聞販売店の自動販売機で購入し、その新聞の中から関連記事などを選び、糊とハサミで貼り付けファイリングし社用車の後部座席に置いていたとのことです。

 情報はブラックホールのようにどんどん吸い上げるのが中内流。との記載も文中にありますが、やはり業績の良好な会社の社長さんや、この人仕事ができるなと思える方に共通することの一つとして、情報量と情報収集のスピードが日ごろから感じられます。情報を意識しそれをうまく生かした結果業績が良い方向に向い、業績が良くなるとさらに周りから情報がどんどん入ってくる。という好循環なのだと感じます。私も日々仕事をしていく上で情報がどんどん入ってくる人間であるよう心掛けたいと思ったのと同時に、恩地さんの仕事に対する行動を読み、ここまでやるから名経営者に認められることができるのだなと改めて考えさせられました。

 ダイエーですが結果的に事業の多角化が原因なのか、恩地さん曰く「オーナーシップへの執着」すなわち息子への事業承継へのこだわりが原因と書いていますが、破綻へと突き進み、最終的にはイオンの連結子会社となってしまいます。ですから中内さんの経営手腕について結果として賛否両論あるようです。しかし、恩地さん(M&Aを手掛ける会社を経営)をはじめ数多くの経営者や逸材を産み出した中内さんの経営哲学と、その読んでいてどこか魅せられる人物像を、ぜひ今作品をご一読いただき感じていただければと思います。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.