税理士法人とどろき会計事務所

当事務所サイトのTOPページです。
当事務所の主な業務のご案内です。
ご相談・見積りのご依頼はこちらから。
研修会のご案内とご報告をしております。
お客様の間でネットワークを広げていただこうと思っております。
当事務所の概要、所在地などの案内です。
概要
とどろきプロフィール
地図
事務所ニュース
読書感想文
フォトアルバム
新公益法人制度
当事務所の求める人材の募集情報です。
税理士法人とどろき会計事務所のプライバシーポリシーについて







相澤 英之新井 大慶飯田 敏久伊藤 将英尾崎 鉄朗小田切 隆明金田 好正
國田 哲郎佐藤 忠輝千葉 雅司野口 由雅野曽木 尊之萩原 有香橋本 崇浩
古川 美陽光堀切 牧子三橋 美香山本 英司

「中内功のかばん持ち」を読んで
税理士法人とどろき会計事務所
堀切 牧子
 

 本書は、昭和のカリスマ経営者と呼ばれたダイエー創業者である故・中内功氏の「かばん持ち」として4年間仕えた恩地祥光氏の著書である。間近で中内氏に接した著者ならではのエピソードが非常に面白い書であった。

 「僕は社員に『額の向う傷』は認めるが、『背中をバッサリ斬られる』ことは許さないと言うてるんや」という中内氏の信条が胸にぐっとくる。新聞でもかなり叩かれた「偽エルメス事件」。バイヤーが「よい品をどんどん安く、より豊かな社会を」というダイエーの理念に沿って努力し、憧れのエルメスのスカーフをお客様に安く供給することを実現しようとしたが、偽物つかまされてしまった。これに対し中内氏は「バイヤーの失敗については不問」とした。物事に真正面から向かって懸命な努力を払ったにもかかわらず失敗すること、つまり『額に受ける向う傷』には寛容であった。しかし努力を怠って逃げの一手で招く失敗、つまり『背中をバッサリ斬られるような傷』は忌み嫌ったという。中内氏のこの信条が、積極的に取り組むカルチャーを醸成し、ダイエーの成長を作ったのだと思う。

 しかしダイエーは、私が自分で買い物をするようになった頃にはすでに落ち目となっていた。ダイエーが流通革命を起こして日本経済に大きな影響を及ぼしたことを、私はリアルタイムで知らない。ダイエーは何故“破綻”したのか。その多くが、「多角化が原因」とされているが、「オーナーシップへの執着」がその主たる原因と著者は述べている。中内氏ほどの人でも、事業承継のタイミングについては迷いが出てしまった。「事業承継のタイミングで、早すぎるということはない。迷ったり遅くなったりすると必ず失敗する。一度決断したら、実行する」べきことを著者は述べているが、言うは易く行うは難しなのかもしれない。

 「かつてこんな語りつくせないほどユニークで魅力的な経営者がいたこと。そしてダイエーという、二度と現れることがないであろうダイナミックで面白おかしい会社を作り、日本の社会を大きく変化させ前進させた時期が確かにあったんだということを記録に残し、広く知っていただければいい。そんな思いでこの書を記した」と著者が語るように、やはり時代を席巻する人物はダイナミックで強烈な個性を持っているのだと感じた。福岡ドーム事業に関するエピソードは壮大なドラマで、スケールの大きさは生半可でない。小さくまとまってはいけない、時に大きなチャレンジをしていくことが必要なのだと、闘志のみなぎってくる書でおススメの一冊である。





Copyright © Todoroki Tax Accountant Office. All rights reserved.